バイクの最強防寒アイテム!グリップヒーター 装着!取り付け解説と、インプレ。


 
侍に刀。

ジェダイにライトセーバー。

冬ライダーにグリップヒーター。

 

「グリップヒーター」は、冬ツーリングの必須アイテム。

 

グリップヒーター最高。

 

 

…ついに。

…ついに装着しました!

冬でもバイクに乗りたいライダーの最強あったかアイテム!

グリップヒーター」です!!
 

寒さを防ぐ「防寒」とか、暖かさを保つ「保温」なんてケチなもんじゃありません!

暖かさを作り出す「創温」です!!

マジであったけーです。

 
冬に手がカチコチに冷えると、クラッチが本当に重く感じるんですよねー。

特にツーリング終盤で日も落ちると、手が温まる要素が「信号待ちの時のエンジンにタッチする」程度しかないので、ギアチェンジがホントにしんどい。

おそらく、この「グリップヒーター」のおかげで、そんな悩みとはおさらばバイバイ。
 

今回はその使用感と、装着方法をお伝えしたいと思います。

 
今回のグリップ周りのカスタムは、前回記事のバーエンドの交換と合わせて見ていただければ幸いです。

ちなみにですが、グリップヒーターの効果が想像以上で、気合い入りまくって画像を作ったため、画像内の文字が大変読みにくくなっておりますので、あらかじめご了承ください。

犬のうれションだと思ってください。




 

キジマ グリップヒーター GH07 120mm


 

 

僕が今回購入したのは、キジマのグリップヒーター「GH07」の120mmです。

なぜこのグリップヒーターを購入したかというと、一言に「コスパ」です。

 
具体的な理由は下記の通り。

・HONDA純正のグリップヒーターは、25,000円し、非常に高価。

・実売価格10,000円ほどでお値打ち。

・5段階の温度調整が可能。

・スイッチがグリップ一体式で、スタイリッシュ。

・純正グリップと変わらない握り心地。

 

個人的に、かなり高得点。

 

↓ちなみに純正品オプションのグリップヒーター

 

 

内容物はこんな感じ。

 

 

・グリップヒーター本体
・取付説明書
・タイラップ3本
・エレクトロタップ2個
・バーエンドキャップ2個
・フィット感調整用のアルミテープ

です。

 
グリップのスイッチ部分はこんな感じ。

 

 

この部分にLEDが内蔵されており、LEDの色で発熱パワーがわかります。

スタイリッシュポイントですね。

プッシュ感はあまりないので、ノールックでの温度調節は難しいです。

温度を確認するために、このLEDを見る必要があります。

ですが、晴天時でも、しっかり温度がわかるLEDの発色なので、温度調整も問題なしです。

 

細かい毛みたいなのが写ってますが、部屋が汚いだけなので、問題なしです。

 

はじめに結論から言ってしまうと、

他のグリップヒーターもいろいろ見て見ましたが、価格、性能、デザインのどの点を見ても、

「GH07」はグリップヒーターの決定版と言えると思います。

 

耐久性に関してはこれからですが、迷ったらこれ買っておけば、間違いないかと。

あ、ちなみに、べた褒めしてますが、キジマさんの回し者ではないです。

 

グリップヒーターの種類

以前の防寒ツーリングの記事でも書きましたが、グリップヒーターは2種類あります。

貫通式巻きつけ式

 

 

今回購入した「GH07」は貫通式のものになります。

グリップごと入れ替えちゃうタイプです。

貫通式は、

・純正グリップとのサイズ差が少なく、違和感なく操作できる

・グリップ全体があたたまり、部分冷えがない

・操作中にズレや脱落がない

などのメリットがあるため、現在装着を検討されている方には、この交換式をおすすめします。
 

ただ、この交換式もデメリットがあります。

 
そう、それは、
 

取り付けがめんどくさい。

 

というわけで、めんどくさい取り付け方法をまとめました。

 

グリップの交換方法

バーエンドの取り外し

グリップを交換するためには、まずはバーエンドを取り外す必要があります。

取り外しの作業は、コチラの記事を参考にしてください。

一石二鳥のバーエンド交換!ドレスアップで振動軽減!?

お古のグリップの取り外し


 

いきなりですが、グリップをカッターでぶった切ります。

サクッと刃が入っていく感触が気持ちいいです。

 
そのまま、ベロっとめくります。

 

 

スロットル側も同様にサクッと切断して、取り外します。

1年半、ありがとう純正グリップ。

 

 

CBR400Rはスロットル側には、グリップのボンドはついていませんでした。

 
ですが、反対側のグリップには、グリップ固定用のボンドがべっとり。

 

 

これを、「パーツクリーナー」と雑巾でゴシゴシして取り除きます。

 

 

直噴射でゴシゴシしちゃいます。

 

 

うちの子は、マットブラックに自家塗装しているので、ボディーにパーツクリーナーが付着すると、塗料が軽く溶けてしまいます。

飛び散らないように、注意しながら作業を進めます。

 

 

うん、かなりキレイになりました。

 

グリップの装着

とりあえず、この綺麗にした方のハンドルに「グリップヒーター」を装着します。

このままでは、グリップが入らないので内側にパーツクリーナーを噴射し、びしゃびしゃにして滑りを良くしてから挿入します。

これはあれですね。セックスですね。

 

 

ここから一気に押し込みたいのですが、どうやら、グリップがジャストサイズらしく、なかなか奥へ入っていきません。

なので、グリップをひねりながら、グリグリ奥へねじ込んでいきます。

 

 

あんまり強い力で握りすぎると、グリップが壊れてしまう恐れがあるので、加減をしながら挿入。

ときおりパーツクリーナーで濡らし、潤滑剤でグリップをグリグリしながら奥へ奥へと押し込みます。

もちろん飛び散らないように注意。

 

 

しばらく格闘しているとぴったり奥まで入りました。

↑グリップをチ○コに置き替えて読んでみてください。

 

 

スロットルの加工

反対側も同様に装着。

なのですが、ここで問題発生。

 
完全にサイズオーバーです。

入る気配ゼロ。
 

 

入り口に至っては、返し(?)がついており

 
「こっちくんじゃねーよ!」
 

と、NOを突きつけられているカンジ。

 

 

一度、力でねじ込んで見ましたが、すげー突起とたくさんのボコボコに阻まれて、グリップの内側が傷だらけに。

このままでは埒があかないので、グリップ側を加工することに。

 

カッターで突起部分を全て取り除きます。

 

 

かなり削りました。

一つ注意することは削りすぎてしまうと、グリップが簡単に抜け落ちてしまう恐れがあります。

なので、ある程度の突起部分は残しながら、削ってください

 
あと、地面に新聞紙を敷いた方がいいです。

 

 

地面が、「誤って中身が満タンの爪切りを落とした」みたいな感じになります。

配線作業


 

この赤のコードを配線していきます。

とりあえず、シート下のカウルと、シートを外します。

もちろん、シートを外してバッテリーにアクセスするためです。

 

まずは電源を確保するところから。

コチラのアイテムを使って、+電源を確保します。

 

 

エーモンの

キボシ端子セット

低背ヒューズ電源

です。

 

近くのカインズには、「低背ヒューズ電源」がなかったので、カー用品店のジェームズまで行っていたら、リアルに日が暮れました。

 

まずは何もされていないこの赤の+電源をキボシ加工します。

「低背ヒューズ電源」の+コードは、「メスキボシ端子」がすでについていたので、グリップヒーター側にオスキボシ端子をつけるだけで問題なし。

 

 

これが、

 

 

こうなります。

 

続いて、このアイテムもキーをACC ONで通電させたいため、テールライトのヒューズから、電源を取ることにしました。

ヘッドライトにも「低背ヒューズ電源」がすでに装着されていますが、USB充電とETCで使用してるため、アンペア数がオーバーしそう。

なので、安全策をとって、別のヒューズから電源を取ることにしました。

 

 

このあと、無事にキーONで通電を確認しました。

あとはカウルの下を通して、配線します。

カプラーが黒かったら完全に気にならないのになぁとか思いながら、配線完了。

 

 

赤線が「グリップヒーター」の配線です。

まぁ、うまく隠れたし、いい感じではないでしょうか。

ハンドル周りも他のコードにグリップヒーターのコードをタイラップで巻きつけて、綺麗に整理しました。

これにて取付終了!

 

グリップヒーターの実力とインプレ

このグリップヒーターのポイントである、出力調整機能。

 
5段階に温度を調節できる!!
 

HONDA純正オプションのグリップヒーターですら、3段階の温度調整。

 
これが、本当にいい。
 

今は10月の終わりなので、そこまで冷え込むことは少ないです。

でも、時間帯によっては「寒っ!」と感じる時もあったりして。

 
そんな時には、グリップヒーターの電源をオン。
 

控えめの出力で、程よいあたたかさ。

ちょうどいい。

 

気温に合わせて、暖かさを選べる幅が広いのが嬉しいです。

おそらく真冬ではずっと出力100%でしょうが。

 

一応全温度を試して見たので、以下にまとめてみました。

 

温度調整機能インプレ 出力20%


 

LEDのインジケーターが青色に光ります。

20%の出力です。

 
最大で40度ほどまで暖まります。

 

革のグローブ越しに、少しだけ暖かさが伝わってきます。

心が寒い時、人恋しいときに、使用したい暖かさ。

そう、一言で表すなら

「ひとはだ」

です。

 

温度調整機能インプレ 出力40%


 

LEDのインジケーターが緑色に光ります。

40%の出力です。

 
最大で55度ほどまで暖まります。

 

革のグローブ越しに、20%のそれとは違う暖かさが伝わってきます。

少しだけ肌寒いシーンで使いたいモード。

 
あれ..。身も心も、暖まっていく…。

そう、一言で表すなら

「ぬくもり」

です。

 

温度調整機能インプレ 出力60%


 

LEDのインジケーターが黄色に光ります。

60%の出力です。

 
最大で68度ほどまで暖まります。

 

普通にあったかいです。

おそらく気温〜18度くらいでちょうどいい感じ。

秋〜冬にかけてあると便利なモードの温度。

 

暖房器具のない部屋に、一本あるととっても安心。

そう、一言で表すなら

「あたたか」

です。

 

温度調整機能インプレ 出力80%


 

LEDのインジケーターが橙色に光ります。

80%の出力です。

 
最大で80度ほどまで暖まります。

 

かなり暖かいです。

冬の初旬なら、このモードで十分です。

グローブ越しでも、熱をビンビン感じます。

 

手のひらから全身に、熱が広がっていく…!

そう、一言で表すなら

「ぽかぽか」

です。

 

温度調整機能インプレ 出力100%


 

LEDのインジケーターが赤色に光ります。

100%の出力です。

 
最大で90度を超えます。

 

熱いです。

気温がかなり低くても握ってちょうどいい熱さを感じるモード。

真冬でもここまでグリップが温まれば、寒空の下のロングツーリングも安心できそうなぐらいの暖かさです。

 

おかしい..!真冬なのに、グローブの中だけ汗が止まらない…!

そう、一言で表すなら

「とこなつ」

です。

まとめ

大満足のグリップヒーター装着です!

「冬とか寒さとか、どんと来い!!」

といった気分。

 

かなり満足度高め!

機能的には、問題なし!

冬でもバイクに乗るライダーの方は、迷わずこれをつけるべし!

 

きっと安全だし、快適です。

 

ただ、一つだけ不満を言わせてもらうとするならば、

CBR400Rの場合、グリップヒーターのスイッチ部分がグリップから飛び出ているため、ウインカーの操作がしづらくなった。

特に、左ウインカーを出す際に邪魔です。

 

「でも、この辺は慣れかなぁ。完全に押せなくなったわけじゃないし。」

とか思ったりしているので、一旦この不満点は保留です。

 

あ、もちろん夏場はスイッチをオフにしておけば、普通のグリップとして使用可能なのでご心配なく!

 

ちなみにですが、この「GH07」はサイズのバリエーションもあるので、車種を限定せず装着できる、汎用品なのが嬉しいですね!

 

ぜひみなさんもグリップヒーターを装着して、冬のぬくぬくバイクライフを送ってください!

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!

 
【防寒アイテムの記事はコチラ】

冬のバイクはとても寒い。防寒ツーリングについて、本気出して考えてみた。




僕の愛車CBR400Rの、
中古買取価格は、
約25万円でした!!

高いのか安いのかよくわかりません!笑
でも、次のバイクに乗り換える時って、今乗っているバイクがいくらの下取り価格になるのかって、重要ですよね。約1分で愛車の最高額や平均買取価格が分かっちゃうってカンタン。
うーん、25万か。
次のバイクは….カブだな!!!!


愛車の価値を見てみる

最新情報をチェックしよう!