M1 MacBook Proを、現役WEBデザイナーが1ヶ月リモートで使い倒したレビュー

私、浮浪者かと思いきや、実はWEBデザイナーなのです。

今回の記事はそんな私が、新型のapple siliconを搭載したM1 MacBook Proを購入して1ヶ月。

2020年の年末に購入し2021年2月まで、ゴリゴリにデザインで酷使しております。

メインマシンをこのM1 MacBookProに据えて、会社と自宅を行き来しながらNewPCを使い倒した所感を綴って行きたいと思います。

本来このサイトはバイクの情報をメインに書いているのですが、
今回はバイク要素は限りなく薄いです。

リモートしながらツーリングするというのもあり…?
それはまた後のお話。

かなりデザインの話がメインになるので、

「M1? お笑いかよ」

というライダーさんは、ぜひ別の記事をご覧いただければと思います。

 

ではここから本題。

・デザイン

・写真加工

・映像編集

・マークアップ

全て実際に試しているので、細かく書いていければと思います。

この記事は、

 

・M1 MacbookPro選んだ理由

・現在の作業環境

・Adobeデザインアプリの使用感

 

という3ページの構成となっております。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥170,280 (2021/05/08 00:15:42時点 Amazon調べ-詳細)

デザインの幅の広さから選んだM1 MacBook Pro

先に結論から書いておくと、

・作業環境がMacメイン

・リモートでのデータ移動の煩わしさ

・幅広いクリエイティブをこなせる処理能力の高さ←重要!

この3点が僕がM1 MacBook Proを購入した理由です。

その理由を綴ってゆきますので、デザインなどをされていて、購入を検討しているクリエイターさんの参考になればと思います。

 

僕は実は、浮浪者でもニートライダーでもなく、名古屋のプロダクションに所属するWEBデザイナーです。

主な業務は、Webデザイン、マークアップ、動画編集、グラフィック制作、チラシ、ロゴ、コピーライティングなど、なかなか幅広い業務をやらされています。楽しんでいます。

あんまりクリエイティブに言及すると、これから書く記事のハードルが上がりそうで怖いですね。笑

 

M1 MacBook Pro購入前の作業環境

2020年の作業環境はこんな感じ。

会社のiMacに自宅のPCからリモートでアクセスする感じ。

重いデザイン作業は自宅のPCのローカルに一旦データを落として、そこから作業という感じ。

自宅のPCは自作PCで、スペックが足りなくなったらパーツを継ぎ足し継ぎ足しでここまで戦ってきました。

代々受け継がれてきた、秘伝のタレ

のような存在です。

 

ここで問題点。

2つのPCデータのやりとりがとても大変。

 

僕はAdobe CCのマスタープランを契約しているので、Adobeのクラウドストレージを使ってデータの受け渡しをしていました。

しかし、これがとても面倒。

 

リモート操作で会社PCからAdobeのクラウドにデータを移動

自宅PCでローカルにDL

 

という作業がデザインをする前に、発生するのです。

それにクラウドはデータが反映されるまでのタイムラグがあるので、待ち時間もしばしば。

 

秘伝のタレPCのスペックは十分なので、作業自体は問題ないのです。

が、リモートでのデータのやりとりの煩わしさ解消というのが、購入動機としてかなり大きいです。

 

そして、さらに重要なことが。
 
2015 iMacもそろそろ限界
 

会社PCはiMacの2015年モデル。

そしてフルカスタムモデルでもあります。

CPU、グラボカスタム。

メモリも鬼盛り。

しかし5年も経つと動作にも不満が。

 

Illustratorで、複雑なパスのファイルとか。

Photoshopで、サイトデザイン一式を一つのファイルで作った時とか。

After effectsで、エフェクトを盛った素材を再生した時とか。

Premiereで、カラーグレーディングした素材をプレビューする時とか。

重すぎて処理完了までにお茶を沸かせるくらい(←言い過ぎ)

 

なので、

 
2つのPCでのデータのやりとりの解消
 

デザインの快適さ
 

この2つを求めて、M1 MacBook Proを購入したわけです。

購入したM1 MacBook Proのスペック

僕が購入したのは、
M1 MacBookProの16GBです。

ストレージは1TBまでアップグレードしました。

主にクリエイティブがメインになるので、メモリは積める最大の16GB。

ストレージに関しては、作業が終わってしばらく時間が経ったデータは、外付けHDDなどの外部ストレージに入れるので、1TBあれば十分かと。

動画などの編集に関しては、1ファイルの容量が大きいので、外付けSSD内に編集データと素材動画をまとめて、「動画編集SSD」を用意しています。

AirかProか

この点に関しては、僕も死ぬほど迷いました。

当時は情報が少なく、Youtube動画などもかなり見ました。

一番のお悩みポイントは

「ファンレスの是非」

でした。

正直、中身のスペックは、ProもAirもあまり変わらないと思います。

そして、多くのYoutuberの方が仰っていた

「全然熱くならないから、Airがコスパ最強!」

正直その点に関しては、僕の作業環境では賛同できないです。

普通にファンも回ります。

体感ですが、それなりに熱くなります。

 

なぜなら、ほとんど1日中PCを起動して、何らかのデザイン作業をしているため、PCは熱くなるから。

です。

大体10時間は起動しているかなぁといった具合。

 

常に、Photoshop、Illustrator、Adobe XDなど、負荷の高いアプリケーションのいずれかを並列起動して、どれかにそれなりの負荷をかけているからです。

実際の業務の中で、各アプリをいちいち閉じて必要があれば再度起動するというのは、なかなかに非効率。

例えば、

イラレからフォトショへ、パスデータのコピペとか。

イラレからXDに、ロゴデータのコピペとか。

並列起動の状態はやむなしなのです。

 

なので、負荷の続く作業という作業環境のため、排気ファンで高いパフォーマンスを保つMacbookProを選ぶことにしました。

そんなにゴリゴリに使わないよーという方はAirで十分だと思います。

僕の作業環境だと、MacBookProかなと。

 

あ、ただ、タッチバーはいらないです。

頑張って使ってみようと思ったのですが、無理でした。

ファンクションキーモデルのM1 MacBook Proがあったら最高ですね。

 
 

【次のページ】作業環境の構築と必須だったアクセサリーについて

created by Rinker
Apple(アップル)
¥170,280 (2021/05/08 00:15:42時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにですが、

僕のポートフォリオはこちら。

sworks - 名古屋のwebクリエイター 「sworks」

お仕事のご相談やご依頼もお待ちしています。

僕の愛車CBR400Rの、
中古買取価格は、
約25万円でした!!

高いのか安いのかよくわかりません!笑
でも、次のバイクに乗り換える時って、今乗っているバイクがいくらの下取り価格になるのかって、重要ですよね。約1分で愛車の最高額や平均買取価格が分かっちゃうってカンタン。
うーん、25万か。
次のバイクは….カブだな!!!!


愛車の価値を見てみる

最新情報をチェックしよう!