【My Ride Story】 Vol.3 CBR650F / RIDE:弟

バイクの数だけ、旅がある。

ライダーの数だけ、出会いがある。

 
ここは、東海のバイクライダーの物語を紐解く場所。

「My Ride Story」
 

ドノーマルでも、カスタムでも

東海ライダー達の、
自分のバイクの好きなところ・インプレッションを
綴ってゆきます。




【My Ride Story】Vol.3:CBR650F


RIDER:弟
Motor Cycle:HONDA CBR650F




今回のライダーは、リアル弟です。

以前にも「兄弟ツーリング」の記事の中に登場していた、
CBR650Fのライダーです。


 

弟がバイクに乗り始めたのは、
大学生の頃。

当時発売し始めたばかりの、CBR250Rに乗っていました。

 
こっそり僕も乗ったりしていましたが、
軽くてトルクのあり、とても乗りやすいバイクでした。

 
こうやって考えると、ウチの家計はHONDA党ですね。
…いや、CBR党か。

 
2、3年乗っていたのですが、
乗り換えた原因になったのは、事故です。

 
原因は、キツイ西日が眼球を焼いたことが原因の
「サンキュー事故」でした。

 

その後、バイクからは離れ、
社会人になり落ち着いたある日。

 
「バイク買ったわ。大型。」
と、驚きの一言。

 
いつの間に、大型免許をとって
バイク買ったんだコノヤロウ。オメデトウ。

と、(嫉妬しながら)思ったのを覚えています。

そうして「CBR650F」がやってきたのです。




CBR650Fは、あらゆる面でちょうどいいバイク。

僕がCBR400Rに決めた理由と同じように、
スタイル、パワー、ハンドリングのバランスが、
ちょうどいい。

が、CBR400Rと比べると、
全体が上質で、当然ワンランク上。

 
「2BL-RC83」エンジンが発生する馬力は、90PS。
それに加え車重は、213kgと扱いやすい重さ。

またがってみたのですが、
約200kgのCBR400Rと比べても、
さほど大きな差はないような気がします。
 

この軽さで、このパワーは、
400cc乗りの僕からすると羨ましいです。

 
加速性能は、街乗り・高速のシーンで十分すぎるほどのスペック。

 
CBR400Rなんて、余裕でぶっちぎられます。
頑張って回しているのに、
ファーーンとの小気味いいエンジン音と(ドヤ顏と)ともに抜き去れます。

 
ポジションも前のめりになりすぎず、
若干上体が起きるので、腕への負担が少ない。

そのため、ロングツーリングも十分対応できそうです。
 




このバイクは、見た目もかっこいい。

カウルと同じ曲線を描く単眼に、
スタイリッシュなボディ。

 
そして、短くまとめられた
主張しすぎないマフラーのおかげで、
全体がより、すっきりと見える。

 
また、シートはタンデムシートが、
セパレートしておらず、一体型。

フルカウルのSSにかかわらず、
タンデムのしやすさも、ポイントかもしれない。

 
実際、彼女の送り迎えにCBR650Fを使用してた模様。

 
唯一気になったところは、ヘッドライト。

2017年のマイナーチェンジで、
LED標準搭載のヘッドライトになりました。

 
が、弟のCBR650Fのモデルは、
マイナーチェンジ前。

そのため、ハロゲン色のライトなのです。

 
これが6000Kぐらいの真っ白なライトだと、
もっと引き締まった顏になるんじゃないかなぁと思います。

スモールはLEDなんですけどね。おしい。
 

「最高にちょうどいい、”上質な”HONDA」
を相棒にしたい方には、ぴったりなバイクなのではないでしょうか。

【他の My Ride Story を見る】

「MY RIDE STORY」についてはこちら




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です