【My Ride Story】 Vol.5 GSX-R750(US仕様)/ RIDE:I氏

バイクの数だけ、旅がある。

ライダーの数だけ、出会いがある。

 
ここは、東海のバイクライダーの物語を紐解く場所。

 
「My Ride Story」
 

ドノーマルでも、カスタムでも。

 
東海ライダー達の、愛車との「今まで」
そして、愛車への「想い」を綴ってゆきます。




【My Ride Story】Vol.5:GSX-R750(US仕様)


RIDER:I氏
Motor Cycle:SUZUKI GSX-R750(US仕様)




I氏がバイクに乗り始めたのは、大学生。

初めてのバイクは、SUZUKI RF400RV。

 
53馬力、4気筒の400ccのフルカウルツアラーでバイクの魅力にどっぷり。

 
速いし、物も積めるし、なにより運転が楽。

さらに、高い防風性能と4発マルチということで、高速道路での走行も快適そのもの。

 
日々、バイク漬け。

 
バイクの魅力にとりつかれた学生時代には、愛知県から秋田県の友人に会うため、1日1,000kmを走破した経験もあるほど。

さすがに、1日1,000kmの走行には、ア○ルを破壊されたそうです。笑

 
RF400RVとの時間は、約3年。

その後、就職し、安定した頃。

 
ふと、
「大型取ろうかな」
と、休日に思い立って、大型免許取得。

 

教習時から、目をつけていたのが、何を隠そう「GSX-R750」。

もちろん、2008年モデルのK9。

この、鷹のようなマスクがツボ。

 

RF400RV → GSX-R750

つまり、

SUZUKI → SUZUKI

やはり、そういうものなでしょうか…。(意味深)

 
たしかに、このバイクはイケメンです。
僕もGSX-R750のなかでは、これが一番好きです。

 
大型免許を取得後は近場のバイク屋を回っていたそうです。

 
そんなあるとき、

ふらっと立ち寄ったレッドバロンで、運命的な出会いが。

 

「GSX-R750」「K9」が、なんと店頭に!

さらに、嬉しいことに、

「フルパワーUS逆輸入仕様」「ワンオーナー」

というモデル!

 

気がついたら、財布から3万円の手付金を払っていたそうです。笑

 

この辺の潔さが、ライダーらしいですよね。笑

 

手元に来たGSX−R750をよくよく見てみると、たくさんのカスタム履歴が…!

なんと、

 
・アクラボビッチ スリップオンマフラー
・U-KATATYAMA ブレーキ・クラッチレバー
・フェンダーレス化
・エンジンスライダー装着
・LEDウインカー装着
・カウル一部カーボン化
・タンク・ニーパッド装着

 
などなど、マジで羨ましい特典多数。

 
標準仕様で、ミラーウインカーもいいですよね。
逆車ならではの、オレンジカラーもイカす!
写真右下のナンバーステーには、GSX-Rの刻印が!!

 
さらに!前オーナーは女性!!!羨まポイント+1000!

 
買うっきゃないですよね。こんないいタマ。

僕が欲しいくらいです。

 

一方走りはというと、当然速い。

 

RF400RV と比較ですが、当然加速が段違いみたい。

脳みそが揺れる加速を味わえたそう。笑

 

フルスロットルでは、余裕でウイリー。

試した最高速は、ふあわkm/時らしいです。

 
そりゃそうですよね、150馬力ですもの。

リッターバイクかってくらいのパワー。

 
街乗りだと、あまりあるパワーのおかげで、3,000回転以上で走行することはあまりないとのこと。

 

ただ、高速や山道では、ヒャッハーみたい。

 
ええなー。

 
一緒に走りましたが、400ccでは到底追いつけません。笑

 
いかついマフラー音とともに、ぶっといリヤタイアの後ろ姿は、一瞬で視界の点になってしまう鬼加速。

 
ただ、

「アクラボのスリップオンマフラーの音は、純正とあんまり違いがわかんない。」

らしいです。笑

逆車の純正ハンパねぇ。

 

正直、僕の大型取ったら乗りたいバイク候補「GSX-R750 K9」に出会えたのはマジでラッキーでした。

 
一緒に走ってわかる、迫力とかっこよさ。

 

こんな文章では、正直魅力は伝わりきりませんが、いいです。いいですぞ! かっこいいですぞ!!

GSX-R750!!

 
I氏 ありがとうございました!

みなさま、道で出会ったらヤエーでヨロシクです!

【他の My Ride Story を見る】




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です