暑い夏は、避暑ツーリング!バイクで楽しむ、東海の滝6選

今年もだんだん暑くなってきましたね。

気張って着込んだレザージャケットの下は、
すでに汗だくでございます。

 
照りつける日差しの下、走った目的地は涼しい方がいいに決まっている。

せっかくバイクに乗って旅をするのだから、普段と違う景色が見れた方がいいに決まっている。

 
ならば目的地は決まり。

そう「滝」です。

 
滝があるのは、山の中。

山の中では、ワインディングで風を切る。

ワインディングの後には、見上げた先から流れ落ちる水の塊。

 
水しぶきを浴びれば、走った疲れはどこ吹く風。

 
避暑を楽しむライディング。

それが、滝ツーリングなのです。

 
ツーリングの目的地として、最適な東海の滝 6選をご紹介。



【愛知県新城市】百間の滝

全長120m。

一見ものすごく長く見えますが、
途中で滝が曲がっているたため、
全長を見ることができません。

滝壺に落ちる姿は、約40m。
それでも見応えは十分。

 
滝に沿って、歩道を下れるのは、ここならではの滝の楽しみ方。
パワースポットとしても有名ですね。

 
また、新城市ですが、地図上で南へまっすぐ下ると、浜名湖にあたります。
つまり、ほぼ静岡県です。

 
近くには、
阿寺の七滝(後述)や、大島ダムがあるので、
マイナスイオンツーリングには、最適。

 
名古屋から、片道115kmと気軽にバイクに乗るには、ちょっと遠いかも。
がっつりバイクに乗りたい方にはぴったりですね!


〒441-1611 愛知県新城市七郷一色




【愛知県新城市】阿寺の七滝

落差26m

七滝の由来は、滝全体が7段に分かれているため。

他とは違う、その美しさから、
「日本の滝百選」「国の天然念記念物・名勝」に指定されています。

深い滝つぼに落ちる、美しい曲線を描く滝は、
一見の価値あり。

 
陰陽師の安倍晴明が修行したと言われている、
神秘に満ちた場所です。

 
上に書いた「百閒の滝」まで、
バイクで25分程度なので、
この滝、もしくは「百閒の滝」を訪れた際には、
セットで避暑ツーリングなんていいかもしれませんね!


〒441-1621 愛知県新城市下吉田ハダナシ




【岐阜県養老郡】養老の滝

落差32m。滝幅4m。

日本の滝 百選に選ばれる、全国的に有名な滝。
高さ30m以上から流れ落ちる水が、岩々に砕かれる様は、まさに絶景。

 
養老公園駐車場から、養老公園を抜け、徒歩30分。
養老公園では、夏には新緑、秋には紅葉が楽しめます。

 
滝から流れる小川には、7つの橋がかかっており、できることなら橋を背景に、
バイクを撮りたい思ってしまうほどの、グッドロケーション。

 
そして、岐阜県養老郡といえば、「焼肉」

 
周辺住民ならば、周知の事実。
うまい肉が、安く食べられる。

 
もし、養老の滝へ行くのであれば、焼肉もセットでプランを考えるのがオススメです!

養老の滝でも、「養老乃滝」は居酒屋なので、ご注意を。


岐阜県養老郡養老町高林1298-2
駐車場料金:300円/1回
※オートバイ可





 

【岐阜県高山市】平湯大滝

「日本の滝百選」に選ばれた名瀑。
「飛騨三大名瀑布」
この滝が有名なのは、「氷瀑」になること。

 
冬には、厳しい寒さのなかで滝が凍りつきます。
ライトアップされた氷瀑は、見る価値あり。
2月には「平湯大滝氷結まつり」が開催されます。

 
まぁ、そんな時期にバイクツーリングで行くのは、
ものすごい危なそうですが…。

 
滝は落差64m、滝幅6m。
十分に見応えがあります。

滝の全景を俯瞰で見ることができるので、
その姿に、大自然を感じること間違いなし。

 
また、「平湯」といえば、温泉。

そう、ちかくには、平湯温泉郷が。
旅の疲れを温泉で癒して、一泊。

なんて、ちょっと大人のツーリングが楽しめるのは、平湯大滝ならではです。

 


〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯




【岐阜県郡上市】阿弥陀ヶ滝

こちらの滝も、「日本の滝百選」に選ばれた名瀑。
落差60m、滝幅7m。
 
滝壺のすぐ近くまで近づくことができます。
苔の生えた、ゴツゴツした岩々と、新緑の木々に囲まれたそこは、
秘境感満載。

 
大自然を感じながらの避暑。
癒されそうですね。

 
岐阜県郡上市ですが、
郡上八幡などよりも、もっと北。

 
ウイングヒルズ白鳥などの、
ゲレンデが多くある地域にあるのが
「阿弥陀ヶ滝」

なので、ワインディングを楽しめること、間違い無し。


〒501-5101 岐阜県郡上市白鳥町前谷





 

【岐阜県大野郡白川村】白水の滝

落差72m、幅8m。

岐阜県大野郡白川村の白山国立公園内にある滝。

これほど雄大な滝にもかかわらず、
「日本の滝百選」に入ってないのは、
この滝に水を供給する上流のダムが、
観光シーズンの秋・夏以外は、放水を止めるためだそうです。 

 
壁面を垂直に落下する姿は、「The 滝」といった印象。
山の中とういう立地と、水しぶきが相まって、
避暑には最適ですね。
 

近くには「大白川ダム」があるので、
滝とダムをセットで楽しめます。

 
名古屋から高速で3時間。
高速を降りて、滝に到着するまで約1時間。

 
ここをバイクで日帰りにするのは、相当タフ。

個人的には、近くの大白川温泉に泊まって、
翌日は世界遺産の「白川郷」を見学して帰りたいですね。

〒501-5507 岐阜県大野郡白川村平瀬大白川




まとめ

今回の滝ツーリングは、
「日本の滝百選」に選ばれている滝を紹介しました。

 
なので、滝の姿には満足すること間違いなし。

ですが、東海地方の僻地にあるので、
準備と気合がいりそうな場所ですね。

 
この滝ツーリングの需要がありそうならば、
もう少しライトな滝ツーリングをまとめてみたいと思います。

 
暑い夏は、涼しい場所で楽しむのが一番。

涼しい山々の中で、ジャケットを脱いだ解放感、たまりません。

そこにたっぷりのマイナスイオンを浴びて、
癒されようではありませんか!

 
ただ、風邪をひいてしまうので
汗はしっかり拭いてくださいね。

 
それでは、Have a nice 東海バイクツーリング!




ツーリングの記事一覧はコチラ

愛知の温泉ツーリングはコチラ



シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です