マットブラックのヘルメットクリーニング!「WAKOS フォーミングマルチクリーナー」で新品のような輝きを取り戻す。

バイク納車に合わせて購入した、マットブラックの「SHOEI Z-7」。

かれこれ1年半以上使用しています。

ヘルメットのインナーは、匂いに耐えきれず、何度か洗濯していますが、外側はほとんどそのまま。

夏場の頭皮はマジくせぇ。

もちろん、夏場のツーリングの後についた大量の虫を、水拭きで取り除くことはありますが、気合いを入れたクリーニングは初めて。

ミラーシールドも新たに購入したことだし、心機一転、「Z-7」をピカピカにクリーニングすることにしました。

そして、結果的にですが、僕は順調に「WAKOS」の信者になりつつあります。笑




WAKOS フォーミングマルチクリーナー


 

今回購入したクリーナーは「WAKOS フォーミングマルチクリーナー」。

マットブラックのヘルメットって、クリーナーとか使用できるケミカル製品に限りがあります。

なので、こちらの製品を使用することにしました。

なぜかというと、

・自動車やバイクから家具、金属から樹脂まで、素材面や塗装を選ばずに使用できる。

・水を使用せずに、クリーナー単体で清掃が可能なので、手間いらず。

という特徴があるからです。

変なケミカルを使って、加水分解が進んでベタベタになったりしたら嫌だし。

クリーナ自体も1000円程度で購入でき、ヘルメットに限らず、バイクにも使用できるので、コスパも良いのではないでしょうか。

この、無精でも、簡単綺麗な、クリーナーで、今回は愛用の「Z-7」を清掃することにします。

マット塗装の汚れを落とすクリーニング編


 

こちらが現在のマットブラックの「SHOEI Z-7」。

よくみると手垢や油がついていて、表面は綺麗とは言い難いですね。

お見せするのが恥ずかしいです。

汚れまみれのバイクで、マスツーリングに参加してしまう感覚です。

 
これをこの「WAKOS フォーミングマルチクリーナー」で綺麗にしていきます。

&nbsp

どのくらい綺麗になるかわかりやすくするために、ヘルメットをマスキングテープで半分に区切ります。

左側を清掃して、違いがわかりやすくなるようにしてみます。

 

 

説明にはいきなり部品やパーツにぶっかけてOKと書いてありましたが、とりあえずクロスにうつしてみます。

 

 

めっちゃ泡!!!

ムース状のクリーナーのようです。

この形状なら、隙間や細かい部分にもクリーナーが入り込んでくれそうですね。

ヘルメットのベンチレーションの際(きわ)って、以外に汚れがたまりやすくて、意識しないと汚れが取れないんですよね。

例に漏れず、僕のZ-7のベンチレーションにも、カピカピの虫さんが挟まってらっしゃいました。

 

では、早速ヘルメットにかけてみます。

 

 

ぶっかけます。

泡が結構な勢いで飛び出るので、ヘルメットにぶつかったクリーナーが反射して、勢いそのままに飛び散ります。

マスキングテープの中央線なんて余裕ではみ出てるし、近くにあったモニターやMacbookにかかりまくりました。

これ、あんまり室内でやらないほうがいいです。笑

あまりに飛び散るので、この後はクロスに一度吹き付けてから、ゴシゴシしました。

 

 

半面をクロスでゴシゴシしていきます。

マットブラックはもちろん、普通の艶ありヘルメットでも使用できます。

細かいところまでクリーナーが入って行くので、隅々まで綺麗にできる印象です。

 

では、半面を綺麗にしたヘルメットを見てみます。

 

 

結構油や指紋は落ちてる!

もちろん、傷は消せないので、若干左もくすみがありますが、汚れはしっかり落ちていますね。

うん、想像以上に優秀なクリーナーのようです。

 

では中央分離帯を解除して、全体を綺麗にしていきます。
 

 

遊んで見ました。

直接ぶっかけたので、もちろん周りは飛沫だらけです。

しばらくゴシゴシすると、
 

 

こんな感じ!!

かなり綺麗になったのではないでしょうか!

マットブラックに使えるクリーナーというのはいいですな!

僕のマットブラック塗装のCBR400Rにも使えそうです。

せっかく綺麗にしたので、「WAKOS バリアスコート」でコーティングしていきます。

バリアスコートでコーティング&撥水編


 

最強の万能コーティング剤「WAKOS バリアスコート」さんです。

今回も堂々の登場です。

CBR400Rでマットブラック塗装使える非常に優秀なコーティング剤ということで、同じマットブラックの「Z-7」にも心置きなく、使用できます。

早速使用してみました。
 

 

めっちゃぴかぴか!!!!!

黒玉スイカのような、絶妙な光り方をしています。

綺麗というか、傷も消えてます…。

新しいシールドと組み合わせると、新品と言われてもなんら不思議はありません。

 

 

美しい…!
本当に新品の輝きを取り戻しています。

指紋が目立つくらい綺麗。

まぁ、マットなので、輝いていたわけではないですが、輝いているように見える気分です。

 

 

えろい輝きをしていますねぇ。

エロエロで、ピカピカのエロピカです。

 

 

近くによると、半乾きのバリアスコートが見えますが、美しいです。

手触りも、マットとは思えないぐらいツルツルになりました。

 

何もしていない汚れがそのままの状態と比べてみます。

 

 

ピッカピカや!!!

「フォーミングマルチクリーナ」と「バリアスコート」こそ、クリーニングの最強の組み合わせかもしれない!!!

まじで新品みたいです。

頭ぴかぴかで、バイクに乗れます!!

気分も高まります!!!

まとめ

マットブラックのヘルメットには、「フォーミングマルチクリーナー」はかなり有効ですね。

というか「バリアスコート」の輝き具合が半端じゃない。

傷消えるとか、最強すぎでしょ。笑

 
今回はヘルメットの清掃に使用しましたが、

バイク外装の清掃や、メーター周りの清掃、チェーンクリーニングなど、バイク掃除あらゆるシーンで使用できるのが、嬉しいですね。

 

なんども書きましたが、やはり泡のクリーナーはいいです。

細かいところまで汚れが取れます。

ただ、もちろん細かいところに入ったクリーナーを拭きあげる必要はありますが。

1000円程度でここまで綺麗になるのは、非常に嬉しいですね。

WAKOSの回し者ではないですが、非常にオススメできます。

皆さんも、ヘルメットを綺麗にして、頭ぴかぴかでツーリング楽しみましょう!

めっちゃ気分いいです。

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!

【ヘルメット関連の記事】

Z-7とGTAirを比較した記事はこちら

『SHOEI Z-7』がやってきた!【前編】せっかくなので 『SHOEI GT-air』と比較してみた。

「エアロブレード3」と比較した記事はこちら!

軽いヘルメットの2強「SHOEI Z-7」と「OGK KABUTO エアロブレード3」を比較してみた。

1,000km走った「Z-7」のインプレとミラーシールド装着!

『SHOEI Z-7』がやってきた!【後編】ミラーシールドでイケメン計画。

「Z-7」のミラーシールド「メロースモークミラーブルー」と「ミラースモークファイアオレンジ」を比較した記事はこちら

SHOEIのミラーシールド、「メロースモークミラーブルー」と「スモークミラー ファイアオレンジ」を比べてみた。




僕の愛車CBR400Rの、
中古買取価格は、
約25万円でした!!

高いのか安いのかよくわかりません!笑
でも、次のバイクに乗り換える時って、今乗っているバイクがいくらの下取り価格になるのかって、重要ですよね。約1分で愛車の最高額や平均買取価格が分かっちゃうってカンタン。
うーん、25万か。
次のバイクは….カブだな!!!!


愛車の価値を見てみる

最新情報をチェックしよう!