大人空間で楽しむ、絶品ケーキと森の静寂。バーム・ド・フォレスト

岐阜県多治見市にあるカフェ「バーム・ド・フォレスト」

 

そこはその名の通り、森の中にひっそりと佇む静かなカフェでした。

 

駐車場に愛車を止めて、目をやると、そこには「バーム・ド・フォレスト」と書かれた、可愛らしい看板。

 

 

そこはもう森の入り口。

石のタイルが敷かれた小道を進みます。

 

 

10mほど進むと、大きなガラスのドアのある建物が見えてきます。

ガラスの奥には、ケーキのショーウインドウが見え隠れ。

 

 

落ち着いた外観のお店は、今風の洗練された建物。

木々から落ちた影が、ショーウインドウから漏れる光を、引き立たせています。

 

 

お店の中の壁は一面水色。

白を基調としたテーブル類と相まって、どこか可愛らしく、洗練された印象。

持ち帰り用のクッキーやフィナンシェなどの焼き菓子も、可愛らしく店内を演出。

 

 

お店に入った時に感じた、甘い匂いはきっとショーウインドウからだけではなく、お店の奥から漂ってきているのかも。

ここは森のケーキ屋さんのカフェ。

それでも、ケーキだけを求めてやってくる家族連れも多いよう。

 

時刻は15時を回っていたこともあり、ショーウインドウの中は、少し寂しい印象。

それがけが少しだけ残念。

 

 

アンティーク調のソファに腰を下ろし、ふと外に目をやると、テラス席が目に止まります。

 

 

影の差したテラス席も魅力。

ですがそれはまた今度。

奥の席へ通されます。

 

視界に広がるのは上質さを感じる店内と、壁一面の森。

 

 

席に腰を下ろし、目をあげると、青の壁面と白のバーカウンター。

 

 

横に目をやると、広がる緑。

 

 

可愛らしさだけではなく、品を感じます。

まるで、大人の隠れ家。

ほのかに漂うケーキの匂いを吸い込み、注文したスイーツが来るのを待ちます。

 

 

頼んだスイーツがやってきました。

 

糖度高い桃の中にカスタードを流し込んだスイーツ。

一緒にやってきたナイフで、桃を切ってみると、

 

 

みずみずしい桃の中にはカスタードクリームがたっぷり。

口に運ぶと、広がる果汁。

桃の甘さと香りが口いっぱいに広がります。

そのあとにやってくるカスタードの甘さが、桃の甘さと香りを引き立たせる絶妙のバランスです。

 

甘すぎず、さっぱりすぎず、大人の味わい。

 

一緒にいただくアールグレイが、さらにスイーツの甘さを引き立たせます。

 

 

しばし森を眺めながら、静かなひとときを満喫します。

来店される方は、カップルやご夫婦、家族連れなどさまざまでした。

 

また、ここはバイクで来るにもお勧めできます。

多治見市周辺は桜を楽しみながら市内を一望できる「虎渓公園」など、風光明媚なロケーションも多く、ここへ至るまでも道も信号がないワインディングロードが多々ありました。

 

 

 

自然を感じて走って、自然を感じがながら一息つきたい。

というライダーにお勧めしたいスポットです。

 

 

ただ、男性一人で入るには、あまりに可愛らしすぎるかもしれませんね。

女性ライダーの方と一緒に行ったり、女性同士のカフェツーリングには、間違いないカフェです。

 

駐車場は砂利ですが、空間に余裕があるので、大型バイクでも安心して停めることができます。

 

 

今回はケーキのみを堪能しましたが、ランチもやっています。

ミニフレンチや牛タンシチューなど、美味しい料理でお腹を満たせること間違いなし。

 

 

自然とケーキと、大人な空間を楽しみたい。

というなら、足を運んでみるのはいかがでしょうか。

 

 

〒507-0014

岐阜県多治見市虎渓山町7丁目14−18

 




 

シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です