M1 MacBook Proを、現役WEBデザイナーが1ヶ月リモートで使い倒したレビュー

アプリの使用感

ほとんどのアプリケーションで速さを実感しています。

正直、iMac2015より速い!

 

僕のクリエイティブ業務はほとんどAdobeのアプリがメインです。

Adobe以外だと、コーディングはVScodeで、たまにカラーグレーディングでDavinci Resolveも使ったり。

カラグレはまだまだこれからといった感じ。

あとはOffice系のアプリですね。

作業指示とか、事務系の業務をする時に必要になるからです。

 

Adobeに関しては、このM1に最適化されていないので、2021年2月現在 Rosetta2を通しての動作となります。

その上での使用感ということで。

あくまで個人的な感想ですので、その点よろしくです!

PhotoShopの使用感

Photoshopに関しては、

起動が爆速

とにかく立ち上がりが速いです。笑

 

主な作業は、サイトデザイン、写真加工・補正、バナー制作などです。

サイトデザインに関しては、最近はAdobeXDに移行しています。

 
使用感は、

10秒以内には立ち上がってくれるでの、無駄な待ち時間が皆無です。

M1に最適化されたbeta版はさらに速い。

150MB程度のWebサイトファイルは読込まで、30秒といった感じ。

拡大・縮小、レイヤー追加、調整レイヤーでの色変更、各種フィルターなど、基本的なツールで動作の遅延はほとんど感じません。

6000px × 4000px程度のRAWの写真の読込や補正もスムーズ。

実用には十分といった印象です。

 

beta版での仕様上の不具合ですが、レイヤーパネルからアートボードの書出しを行うと、アートボードではなく中身のレイヤーがバラバラになって書き出されしまいます。

レイヤーパネルからの書出し機能は使用頻度が高いので、普段はintel版のPhotoshopを使っています。

 

Illustratorの使用感

Illustratorに関しては、

うーん、Photoshopほどの快適さはないけど、使用感に不満はあまりないかなぁといった具合。

 

主な作業は、

ポスター、チラシなどのグラフィック制作、ロゴやアイコン作成、企画書作成などです。

2015iMacと比べると、動作のラグは少ないです。

しかし、ぬるぬるの作業感というわけでもないです。

 

というのも、IllustratorはデータのプレビューをGPUを使って行っています。

CPUでのプレビューもできるのですが、線やパスがガビガビになったりして、実用には向かないからです。

 

iMacは外付けのGPUが積んであったのですが、M1 MacBookProはCPU内蔵のGPUです。

スペック的に、当然外付けには劣るため、その点が作業感の中でも顕著に現れます。

 

もちろん、B5やA4サイズのレイヤーの少ないフライヤーなどではそこまで、不満はないです。

むしろ内蔵GPUで、よくぞここまで快適にといった印象です。

しかし、B1、B0やそれを超える屋外サイネージなどの大きなデータを扱うときは、動作にラグが出ます。

特に気になるのが、拡大縮小、アートボードのコピーなど。

使用頻度の高い機能だからこそ、余計気になってしまうのかも。

 

一言でまとめると、

でかいファイル以外は普通に使える。

です。

XDの使用感

XDに関しては、

マジで爆速、快適ヌルヌルです。

主な作業は、Webサイトデザインです。

動作に不満は全くありません。

以上。

 

 

というのもアレなので、付け加えると、

iMacでも特に作業にラグはありませんでした。

アルバムページで、1ファイルの大きさが数GBになるものもそこまで動作に遅さを感じたりはしなかったので、M1でも快適というのは当然の結果です。笑

 

一言でまとめると、

XDはすごい。

です。

AfterEffects / Premiereの使用感

AfterEffectsに関しては、そこまでガッツリな編集はしないので、これで十分。

Premiereに関しては、HD動画ならOK、4K動画はプロシキ使えば余裕。ただしカラグレは、DavinciResoleが前提

といった具合です。

 

主な作業は、サイネージ用の動画編集、Youtube動画集です。

AfterEffectsは、正直そこまで使いこなせないです。笑

簡単なモーショングラフィックや、Web用のSVGアニメーションを作る程度です。

なので、負荷のかかる作業ができないというのが正しいです。

結果、このマシンスペックで十分。

 

 

Premiereに関しては、Youtube用の動画を編集したりしてます。

α7で撮影した4K動画をプロキシ変換して編集してます。

ぶっちゃけ、生データのまま4K編集は無理かな。といった具合です。

ただ、この点に関しては、GTX1080tiを積んだ、秘伝のタレPCがあるので、あまりにも思い編集はそちらで。

といった感じなので、現状で十分。

 
あ、エンコードは爆速です。

一言でまとめると、

エンコードは爆速。実用に問題なし。

です。

 

ちなみに、ぜひYoutubeチャンネルもご覧いただければと思います!!!

バイクに乗りたくなる動画をあげております!

 

まとめ

というわけで、ここまで書いてきましたが、

M1 MacBook Proは、プロの現場でも十分に使用可能だと思います。

主に、デザインという点においてですが。

やはりM1 MacBookの特徴はその速さだと思います。

アプリの起動がとにかく早く、無駄な待ち時間はほとんどありません。

アプリが立ち上がるまでスマホを触ってしまって、そのままネットサーフィン突入なんて、時間のロスもありません!!

今のPCが遅くてとか、作業環境を1台に統合したいという方はぜひ、購入を検討してみるのがいいかも。

ちなみにですが、

僕のポートフォリオはこちら。

sworks - 名古屋のwebクリエイター 「sworks」

お仕事のご相談やご依頼もお待ちしています。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥170,280 (2021/04/12 22:05:31時点 Amazon調べ-詳細)
僕の愛車CBR400Rの、
中古買取価格は、
約25万円でした!!

高いのか安いのかよくわかりません!笑
でも、次のバイクに乗り換える時って、今乗っているバイクがいくらの下取り価格になるのかって、重要ですよね。約1分で愛車の最高額や平均買取価格が分かっちゃうってカンタン。
うーん、25万か。
次のバイクは….カブだな!!!!


愛車の価値を見てみる

最新情報をチェックしよう!