緑と癒しとツーリング。森林の中に佇むオシャレカフェ「Ryo an」【TOKAI CAFE TOURING】

東海のカフェをめぐる「TOKAI CAFE TOURING」

 

バイクで行って楽しくて、オシャレなカフェを紹介していきます!

 

今回訪れたのは、岐阜県瑞浪市と土岐市の間にあるカフェ「Ryo en」。

 

静かな森に、ウッドテラス。

小川のせせらぎと、美味しい紅茶。

都会の喧騒を忘れた、自然の中の癒し空間です。

 

一言でいうと、「森のカフェ」

二言でいうと、「めっちゃオシャレな、森のカフェ」

 

山の中にあるので、ツーリングコースとしてもマジでオススメです。

 
また、近くには、天然記念物の「鬼岩公園」、道の駅「志野・織部」があり、

「鬼岩公園」は飛騨木曽川国立公園の一部で、巨岩怪岩が点在する、景勝地。
ハイキングにもオススメ!

 

道の駅「志野・織部」では、土岐市名産の陶器「織部焼」などを見たり、お土産にしたりすることもできます!

 

 




階段を降りると、森の中にオシャレカフェ。

 

土岐方面からも、可児方面からも楽しいワンディングロードです。

今回は可児側から中山道(国道21号線)を通って、向かいました。

交通量は、それなりですが信号が少ない道が続くので、ツーリングにオススメ。

 

「鬼岩公園」への入り口を通過し、坂を登ると、そこには「Ryo en」が。

周りにある少し古い建物とは違い、打ちっぱなしのコンクリートの入り口には、オシャレさが滲み出ていました。

 

ちょうど「つつじ」が見ごろで駐車場上には、ビビットなピンク色が広がっていました。

 

バイクを停めて、入り口へ。

入り口には、花が綺麗にアレンジされており、入り口からインスタ映えポイント!

 

 

入り口を越えると、階段が。

すでに景色は、森林!

 

 

更に進むと、緑に映える赤い暖簾。

 

 

門をくぐると、森の中にオシャレなウッドハウスとテラスが。

 

 

まずは、カフェの周りを散策。

目に飛び込んでくるのは、ウッドテラスです。

木々が日光を遮り、木漏れ日が心地いいです。

 

 

テラス席には、足元の清流が見える、ガラス床の席も。

目を落とすと、すずしさが溢れる!

 

 

清流の奥では、森林を散策できます。

 

 

さらに、奥へ進むと「鬼岩公園」のハイキングコースへつながっていきます。

 

 

いよいよ入店。
わくわくです。

 

 

森林を望む席で一息。

 

緑を眺めながらのむ一杯、最高です。

 

 

ガラス越しに見えるのは、森。

緑が目にしみて、目が良くなりそう。

 

コーヒーは飲めないので、紅茶を注文。

 

 

せっかくなので、ケーキセットで。

 

 

頼んだのは、カシスの風味とムースの食感、チョコの口どけを楽しめる「ミロワールカシス

他にもたくさんのおいしそうなケーキが。

 

 

落ち着いたオシャレな店内と、視界に広がる森林。

間違いなく美味しい紅茶が、さらにおいしく感じます。

雰囲気って大事。

 

 

また、2階にはギャラリーがあるとこのとなので、行ってみることに。

 

 

手作りの雑貨などが置いてありました。

一品一品にセンスを感じます。

ここから見える景色もまた、いいです。

 

 

お店には地元の方々や、カップル、男性グループなど様々な方が、楽しんでいました。

バリバリのツーリングの格好で行っても、さほど問題はないかと思いました。

 

まとめ

 

 

想像以上に良かった!

癒しと緑のカフェ。という言葉にぴったり!

駐車場には、広場があり、つづじが満開!

春に来ると、こんな美しい景色も楽しめます。

 

 

帰りは土岐市街へ向かう道を通ったのですが、おいしいカーブがいっぱいある、ワインディングスポット!

 

道中には道の駅「志野・織部」があり、休憩するライダーもたくさん。

多くのライダーともすれ違い、ヤエー返答率も多め!

シンパシーを感じながら、楽しくかけまわれます。

 

名古屋方面からは、恵那や中津川方向に向かう休憩地点としてもオススメ!

しっかり走って癒されて。

ほんとにいい旅でした。

 

 

ここは家からもそれほど遠くないので、ぜひリピートしたい。
というか、デートにも普通に使える。
GOODなお店でした!

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!

〒509-6251 岐阜県瑞浪市 日吉町9502−1

営業時間:9:30〜17:00




シェアする
Share

2 thoughts on “緑と癒しとツーリング。森林の中に佇むオシャレカフェ「Ryo an」【TOKAI CAFE TOURING】

  1. 中津川にある『カフェ アドレナリン』おすすめですー

    道中のワインディングもいい感じで、マスターが車好きのカフェなのでジャズが流れててカーグラフィックマガジンとかが図書館かってくらい並んでます

    マスター1人で切り盛りなので、料理出るまでが時間かかりますが、ゆったり過ごすには最高かと思います

    1. コメントありがとうございます!
      「カフェ アドレナリン」調べてみましたが、いい感じですね!情報ありがとうございます! カフェもいい感じですが、そこまでの道もいいですね!次回のカフェ記事では、ぜひレポートしてみたいと思います!情報ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です