インカム選びで迷わない!ミドルクラス・エントリークラスのインカムまとめ

「インカムってたくさんありすぎてどれ選べばいいかわからない!!!」

 

僕もまったくその通りでした!

正直今のインカムは雰囲気で選びました!!笑

 

メーカーとか、距離とか、通話人数とか、値段とか、幅がありすぎて、選ぶ基準が難しい。

 
ひょんなことから、現在使用している
SENA SMH-5」が2人としか同時通話できないと知り、買い替えを検討中です。

 
最初に調べておけばよかった…。
 

なので、(自分のために)ミドルクラスのインカムをまとめました。
ついでにエントリークラスもピックアップしました。




 

広告

あくまでミドルクラスとエントリー

僕が今回ピックアップしたインカムは、俗に「ミドルクラス」と「エントリークラス」にカテゴリーされているものです。

 

なぜかというと、僕のインカム「SENA SMH-5」はエントリーモデルで、最低限の機能しかないので、グレードアップしたいのです。
(といっても同時通話人数以外は不満はないのですが)

 

ざっくりミドルクラスを言うと、

そこそこな値段で、必要十分な性能
 

エントリークラスは、

手頃な価格で、最低限の機能
 

 
ハイエンドモデルのような高性能は魅力的ですが、ぶっちゃけインカムに3万も4万も出せません。

 

あくまでコスパ重視。

 
そんな中で、僕が想定しているミドルクラスが必要なシーンはこんな感じ。

 

・ツーリング人数は2〜4人。
・走行中に音楽を聞きたい。
・スマホのナビのガイドが聞こえる。
・かかってきた電話に出たい。
・メーカーを越えたペアリングができる。

 
必要十分な機能ってこんな感じじゃないかな。

 
これで予算は単体で2.5万以下。
 

「あ、俺もそんな感じだわ」って人がいれば、参考にしてもらえると嬉しいです。

 
高音質なスピーカーとか、ラジオが聴けるとか、撮影ができるとか、いりません。

僕が個人的に欲しいのはあくまでミドルクラス。

SENA SMH10

 

 

■スペック
通話時間:12時間

通話距離:MAX900m(見通しのいいところ)

重さ:124g(ヘッドセット60g、クランプユニット84g)

最大同時通話人数:4人

 

 

 
■特徴
・ジョグダイヤルでの直感的な操作が可能
AUX端子を装備しており、有線でのオーディオ入力が可能
・ユニバーサルインターコムで他社のインカムと接続可能
・ワイヤータイプのマイク
充電しながら使用可能
・ノイズキャンセレーション機能

 
 

いきなり本命です。笑
これは僕の使用している「SMH-5」の上位互換機です。

 
僕はインカムに関しては、SENA党で、SMHシリーズの直感的なダイヤルの操作感が気に入っています。
スタイリッシュな見た目で、ヘルメットのシルエットを邪魔しない点も好みです。

 

ノイズキャンセレーション機能を搭載しており、会話もクリア。

うん、普通に欲しい。

予算があれば、「SENA SMH 10S」を選択肢に入れてもいいかもしれませんね!

 

 

B+COM(ビーコム) SB4X Lite

 

 

■スペック
通話時間:16時間

通話距離:MAX1,400m(見通しのいいところ)

重さ:124g(ヘッドセット58g、クランプユニット84g)

最大同時通話人数:4人

 

 

■特徴
・3Dノイズフィルターを採用し、クリアな音声と高音質の音楽を楽しめる。
通信距離は最大で、1,400m。
・日本メーカーが日本向けに設計しているので、携帯電話との互換性も高い。
・オーディオ使用で最長18時間の使用が可能。
・本体重量58gと軽量。
・自分好みの色に着せ替えできるフェイスプレート。

 

B+COMは、シェアが圧倒的に多い。
「インカムといえば、ビーコム。」という人も多いハズ。
なので、多くのライダーと簡単に接続できる、という点がB+COMのメリットではないでしょうか、

 
SB4Xといえば、2013年に発売されたのち、2015年に基本性能はそのままにリーズナブルになって帰って来ました。
高音質+圧倒的なシェア数に、ナビやスマホと連動、防水性能になど、必要十分なスペックを備えたインカムなので、正直これさえもっておけば間違いない。

 
と、言えるのではないでしょうか。
高速道路パトロール隊でも採用されているみたいですね。品質は折り紙付きです。

 

MidLand BT X2 Pro Hi-Fi

 

 

■スペック
通話時間:20時間

通話距離:MAX1,000m(見通しのいいところ)

重さ:-

最大同時通話人数:4人

 

 

■特徴
・Hi-fiスピーカー搭載で高音質。
・有線オーディオ入力搭載。
・ジェット用、フルフェイス用のマイクが同梱。
・FMラジオ搭載。
・インカムに搭載されている後部LEDがブレーキを感知して点滅。
・アプリで設定可能。

 

基本スペックは高いまま、値段もある程度抑えたコスパ重視のインカムです。
midlandのインカムは専用アプリの「BT TALK」を使用することで、距離無制限・人数無制限を実現することが可能。

 
これは、すごいですね。ただ、midlandのインカム同士でないとこの機能はつかえないので、なんとも言えないところですね。
また、ミドルクラス以上になると搭載されている、音楽をシェアする機能も搭載されているので、仲間と同じ曲を口ずさみながら、走るなんて、最高です。

 




エントリー機種だって、あなどれない!

何度も書きましたが、接続人数以外には「SENA SMH5」で十分に満足している私。

というわけで、
「ミドルクラスでも高いし、そんなに機能いらないし。」
なんていうライダーの方には、こちらがオススメ。

 
基本性能をおさえた、2万円以下のおすすめエントリーモデルはこちら。

 

SENA SMH5

 

 

■スペック
通話時間:8時間

通話距離:MAX400m(見通しのいいところ)

重さ:77g(ヘッドセット40g、クランプユニット37g)

最大同時通話人数:2人

 

 

■特徴
・スマホ、ナビ、bluetooth対応の音楽プレーヤーと接続可能。
・ダイヤル操作でボリュームや、音楽の再生停止、早送りなどをコントロール。
充電しながら使用可能。
・スマホの電話とリンクして通話可能。
・ミュージックシェアリング可能。
・耐水設計。

 
初めての一台にオススメです。
僕はこれを使って今までインカムに関しては特に不自由はありませんでした。

 
通話や音楽などの基本性能をおさえているので、2人でのツーリングやソロツーリングでは、マジでこれがあれば十分です。
ラジオの機能はないですが、ラジオアプリの「radiko」を使えば、聞くこともできるし。

 
最近知ったのですが、インカム後部の「フォンボタン」を押すことで、iphoneの「siri」が起動します。
つまり、スマホに触れることなく、インカムから音声操作が可能なのです!!!

 
これにはマジで感動しました!!笑
「ok google」ができるかわかりませんが、走行中もボタンをポチッと押すだけで、音楽やナビ、ラインの閲覧が可能なのです。

 
ただ、ロックがかかっていると、「ロックを解除しないと起動できねーよ」と「siri」から突っ込まれるので、注意が必要です。

エントリー機には十分です。

 

デイトナ  COOLROBO EasyTalk3

 

 

■スペック
通話時間:12時間

通話距離:MAX200m(見通しのいいところ)

重さ:40g(本体重量)

最大同時通話人数:2人

 

 

■特徴
・スマホ、ナビ、bluetooth対応の音楽プレーヤーと接続可能。
・通話中にナビ音声や音楽を聴くことができる「ボイスミキサー」搭載。
・スマホ・携帯電話を2台同時接続可能
・ミュージックシェア機能搭載
・電源オン、ボリューム等の日本語音声案内
・防水仕様

いつもグローブなどでお世話になっている、デイトナさんのインカム。
主にソロツーやタンデム、2人ツーリングがメインという方にはぴったりなのではないでしょうか。

 
「SENA SMH5」基本的な性能は抑えていますし、SMH5より価格を抑えているので、コスパが高いと言えます。
通話距離が短いのがなんとも言えないところですが、それほど離れて走らなければ、問題ありませんね!

 
個人的に気になるところは、見た目がボタン感満載であまり美しくないかな笑

 

OZONE バイクインカム インターコム

 

 

■スペック
通話時間:7時間

通話距離:MAX800m(見通しのいいところ)

重さ:-

最大同時通話人数:3人

 

 

■特徴
・実売価格約5,500円
・スマホ、ナビ、bluetooth対応の音楽プレーヤーと接続可能。
・国内FM機能搭載
※生活防水のため完全防水ではありません

 
とにかく安い!!そして見た目もそれなり!!
おそらく中華製なので、安定性を求めてはいけないかも。

 
ソロツーメインでとにかく安さを追求する方にはいいかもしれません。
 

何年も使い続けるものではなく、使い捨てもしくは、つなぎとして購入するのがよろしいかと思います。
ただ、スマホ接続が可能で、この価格は魅力です。

 

LEXIN B2 バイクインカム Bluetoothインターコム

 

 

■スペック
通話時間:8時間

通話距離:10m

重さ:-

最大同時通話人数:2人

 

 

■特徴
・実売価格約8,000円
・スマホ、ナビ、bluetooth対応の音楽プレーヤーと接続可能。
・ノイズキャンセル機能
「siri」「S-VOICE」の音声コントロール機能搭載

 
中華製インカムの「LEXIN」です。

魅力はとにかく安い。そして用途はソロツーリングorタンデム仕様です。
なのでバイク感の通話は「LINE」などを使用するのがよろしいかと。

iPnoneの「siri」やsamsungスマホの「S-VOICE」に対応しているという点は嬉しいですね。

ただ、耐久性や安定性は価格相応なので、過度に期待しすぎずに買い替え前提で使用するのがいいのではないでしょうか。

結局どれを買えばいいの?

使用用途や環境によりますが、まずは自分のツーリングメンバーとメーカーを合わせるのが良いかと思います。
メーカー同士の接続により、音楽をシェアできたり、専用アプリが使えるなど多くの恩恵があります。

 

これからツーリングを始めて仲間を増やすぜ!
という方であれば、


B+COM(ビーコム) SB4X Lite」を購入しておけば、おそらく幸せになれるはず。

 
というのもやはりビーコムユーザーが多いのです。
インスタとかTwitterでも「インカム買った!」という投稿は感覚的にですがビーコムが多い気がしますね。

 
インカムとしての性能も、十分な機能を備えていて、国内メーカーであるという安心感もありますね。

 

 

 

また、基本ソロツーメインだし、メンバーも多くないから価格を抑えたい。
という方は、
SENA SMH5」を購入しておけば問題ないかと思います。

 
これは僕が使用して実感しているのですが、マジで通話人数の問題以外、特に不満がないからです。

スマホの通話にハンズフリーで答えられる、音楽の音質も悪くない。
大雨に降られても問題なく使用でき、電池がなくなりかけた時は充電しながら使用できる。
siriを音声コントロールできる点や、未来的な外観。
価格も15,000円程度と現実的。

 
うん、これで十分。

 

みなさんも、仲間と会話しながら楽しくツーリングしましょう!!!
それでは、Have a nice 東海バイクライフ!!




僕の愛車CBR400Rの、
中古買取価格は、
約25万円でした!!

高いのか安いのかよくわかりません!笑
でも、次のバイクに乗り換える時って、今乗っているバイクがいくらの下取り価格になるのかって、重要ですよね。約1分で愛車の最高額や平均買取価格が分かっちゃうってカンタン。
うーん、25万か。
次のバイクは….カブだな!!!!


愛車の価値を見てみる

最新情報をチェックしよう!
広告