気球リベンジ!空を覆う、熱気球が見たい! 琵琶湖熱気球横断レースへ。【360°view】

…き、気球が見たい。
空を覆い尽くすような光景を見たい。

 
前回のツーリングでは、強風のため「鈴鹿バルーンフェスティバル」は中止。

 

ネットで探してみると…

あるではありませんか!!
琵琶湖で!!

 

その名も「琵琶湖熱気球横断レース

 
「行くっきゃねぇ!!!」と、R-25を納車予定の友人と、バイク+車で行ってまいりました。

 
2日開催の2日目に絞り、前日に開催されていることを確認。

「こりゃ間違いないね。」と意気揚々と、滋賀県琵琶湖まで出発しました。

そう、午前4時起きで。

 

 
まさか、あんなことになるなんて…。

 


※この記事は一部画像をVR対応しています。

360°view is READY!

このマークがある画像は、スマホを動かしたり、タップやスクロールで360度画像を、グリグリ回して見ることができます!




 

もう慣れた。超早起きツーリング。愛知から琵琶湖まで。

最近、早朝からツーリングに行くことが多く、早起きには慣れました。
そのおかげで仕事でも、遅刻知らずです。笑

 

今回の行程はこちら。

 

一番の懸念点は、寒さです。

 
前回の鈴鹿を走った際も、走りながら凍りそうになったのに、今回は、豪雪地帯「関ヶ原」を通るので、路面の凍結が心配。

 

とりあえず、デュアリスのR-25納車予定君(以下:DRY)と集合して、「春日井インター」から名神を使って「木之本インター」まで、一気に走ります。


※10倍速・無音

 
いや寒い!!!!!!

 

 
マジで寒い!!

絶対に凍ると思ったので、完全に防寒したはずなのに寒い!!!!

 

今回の装備は

■下半身
・レザーパンツ
・ウインドブレーカー
・ツーリング用裏起毛ジーンズ
・ヒートテックインナー×2
・靴下×3

■上半身
・レザージャケット
・ウインドブレーカー
・ニット
・タートルネック
・ヒートテックインナー
・ガントレットグローブ
・ネックウォーマー×2

個人的に、かなりの重装備で挑んだのに、マジで寒い。

 
愛知県はまだいける。寒いけど。

やはり関ヶ原を超えたあたりから、体感できるくらい気温が下がる。
路面が凍ってなくて、ホントによかった。

 
 

北陸道に入る頃には、鼻水が両鼻から解放され、ピンロックさえも曇り始めました笑
あまりの寒さに笑えます。

 
感覚のなくなった指先に暖を取り戻すため、両手両足をにぎにぎしながらライディング。

 
夜が明るんで来る頃に、ついに「木之本インター」へ。

時刻は6:00すぎ。即コンビニで休憩。

 

 

「ほっとレモン」あったけぇ。超染みる。

 

ここから、琵琶湖を目指します。
寒さは変わりませんが、全然問題無し!

 

 
だって、道が最高だから!!
マジで!! 早朝の滋賀最高だぜ!!!

朝が早いので、車が全然走っておらず、ワンディングを思うがままに楽しめます。

 
トンネルを越えると、そこは琵琶湖でした。

テンション爆上げです!笑

いい景色が突然現れた瞬間って、一気に子供に帰りますよね。笑
 

※音量・テンション注意


 

朝日に反射する琵琶湖を眺めながら、目的地を目指します。

朝いいわぁ。
ほんと清々しい気持ちになって、平日に溜め込んだ悪いものが、バイクの上で浄化されていく気分。

 

高島市に入る頃には、時刻は6:40を超え、レース開催のギリギリの時間。
真っ赤に染まる朝日を浴びながら、すごく焦って進みます。

 


 

レース開始前の時刻に無事到着!!

 
 

 
さぁ!!

 
 
 

 
出でよ!!

 
 

 
気球たち!!!

 
 
 

 

 

 

 

あれ…?

 

 

え、え、まさかの…。

360° view is READY!

 

ええ。

 

そのまさかです。

 

 

 
中止です。
 

 

ふぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーー!!!!!!
いい朝日ぃぃぃーーーーーーーー!!!!!!

 

 
いや、もうショックだよ。

めちゃめちゃ朝早起きして、凍りながらはるばる愛知からやってきたのに。

 

そりゃないぜッ!!!

 

 

時刻は7:00すぎ。

「これからどーする…?」

と、今日の相方と相談。

 

このレース以外に、滋賀や琵琶湖周辺をリサーチしてなかったので、情報は皆無。

 

「まぁ、滋賀といえば、メタセコイア並木だよね。」

ということで、無念の思いを胸に秘め、一路メタセコイア並木へ向かうことに。
 

 
 

 
トイレを済ませ、ふと、もぬけの殻になった運営本部を覗いてみることに。

 

 

 

ん…?

 

みんな何を撮ってるんだ…?

 

 
注意書きになんか書いてある。
 

 

 

 
町内飛行でフリーフライトッ!!!!!!!!!!

 

 

 

飛ぶのか!!!

 

 

 

飛ぶんだな!!!!!!

 

 

 

 

 

よし行くぞっ!!!!!!!!!!!

 

 

目的地は「メタセコイア並木」から「道の駅藤樹の里あどがわ」へ。

 

 

熱気球ハンターShotaro

地図に書いてあった道の駅へ向かう道中。

 

空に浮かぶ丸い物体を発見。

 

 

そう、それは、先週から恋い焦がれた「熱気球」でした。

 

 

思わず走りました。

田んぼを走りました。

 

空を見上げると、

 

 

 

 

気球や!!!!!!

 

 

その田んぼにはこれから離陸するであろう気球群がッ!!!!

 

ふぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーー!!!!!!
ついに出会えましたな!!!!

 

 

 

いままさに飛び発とうとしている気球を眼の前で見ることができました!

 

最初は空気を送ってバルーンをふくらませるんですね。

その後に火を入れて浮かばせるみたいです。

 

あさの静かな田んぼに、「ゴゴゴッ」と炎が吹き上がる音はなんとも新鮮。

 

こいつ・・・・動くぞ!

 

 

もちろん上空には、すでに飛び立った気球群が。

360° view is READY!

いや、スンバラシイね!

気球が立ち上がってくるのに合わせて、
おじいちゃんたちの写真の場所取りが熾烈を極めます。

 

「ちょっ そこ邪魔なんだけど!」
なんて、一眼を携えたおばあちゃんが、同じく一眼を持ったおじいちゃんに叫びます。

 

すこし、たじろきながらも、その戦列に参戦します。

 
そして、いざリフトオフ!!!

 

 

 

飛び立っていきます。

晴れた青空に本当に映える。

 

 


 

航空祭とは別の興奮があります。

 

静かなそらに、広がる気球群。
やっと観れました。

 

何度「いいなぁ…。」とつぶやいたかわかりません。

素敵な景色でした。

 

360° view is READY!

 

そこで1時間くらい熱気球を堪能しました。

200枚くらい写真を撮ってました。笑

 

 

できれば湖畔から飛び立つ姿を見たかったけど、この際かいません。

空振りじゃなくてよかった。

別世界を見ることができてよかった。

 

 

気球を堪能し終わると、空腹を思い出したので、とりあえず朝食をとることにしました。

土地勘もないので、来る途中に通った「道の駅 マキノ追坂峠」へ向かいます。

 




大満足で帰路へ。

 

 

気球を堪能した後は、「道の駅 マキノ追坂峠」でモーニングを食べました。

おいしい。

そしてこの道の駅から見える景色も絶景でした。

ビバ琵琶湖。

 

 

そして、来た道を戻ります。

 

琵琶湖までにづづく道は本当に楽しい。

本当にここはライダーが多い。

これでもかってくらいのライダーとすれ違いました。

 

その後は冷えた体を温泉で癒します。

 

 

北近江リゾート」でお湯に浸かりました。

体の芯から温まります。
バイクの話に花が咲き、1時間半近く入ってました。

のぼせながら、まったり休憩。

 

時刻は13:00。

その後は来た道と同じ、「木之本インター」から高速に乗り、帰路につきました。

その日の就寝時間は18:00でした笑

まとめ

いやー!
観れましたよ!!

 

別に気球マニアというわけではないのですが、一度見れないと、どうしてもみたくなる性分なのです。

お預け食らった分、感動もひとしお。

 

空に気球がプカプカ浮かぶ光景は、一見の価値ありです。

ちなみに、この気球乗れるんです。

 
 
お値段、25,000円也。

 

近くにはメタセコイア並木もあるので、東海地方からいい感じの日帰りツーリングなら滋賀県もオススメですね!
それではHave a nice 東海バイクライフ!




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です