【My Ride Story】 Vol.8 VTR250 special edition / RIDER:MASA

バイクの数だけ、旅がある。

ライダーの数だけ、出会いがある。

 
ここは、東海のバイクライダーの物語を紐解く場所。

 
「My Ride Story」
 

ドノーマルでも、カスタムでも。

 
東海ライダー達の、愛車との「今まで」
そして、愛車への「想い」を綴ってゆきます。

 



【My Ride Story】Vol.8:VTR250


RIDER:MASA
Motor Cycle:HONDA VTR250 special edition

 
MASAさんが免許を取得したのが、2017年8月の末
そして、バイクに乗り始めたのは、2017年9月の頭

 

そう、いわゆる速攻購入型のライダーさんです。

 

 
バイクに乗ろうと思ったのも、ここ最近の話。

写真を撮るための移動も楽しみたい。

 

と思ったのがそもそものきっかけ。
バイクって、視界は広い。旋回能力も高い。街中以外だと駐停車の場所を選ばないし、カメラが趣味の方にはピッタリの乗り物だなと、趣味のカメラの幅を広げるべく、バイク購入を決意。

 
走り方も、
「別に早く走りたいわけではない。
ゆっくり走りながら、カメラで切り取ったら面白そうな場所を探したい。

というスタンスのカメラライダーさんです。

 

 

MASAさんは、今年転職を経験されて、有休消化期間をゲット。
うまく活用できないかなぁと考えているうちに、

そうだ!免許とろう!

と思い立ったが吉日。
8月を使って免許を取得。

免許取得してからの購入は早かったものの、免許取得中の期間は、誰もが経験する初めてのバイク選びに悶々とした日々。笑

 

あくまで「写真のために景色を探せる」ことが、一番大事。

はじめは「ドラッグスター400」が候補。
長距離をトコトコ走れる。けど重いしなぁ。

 
次の候補は、
「GSX250R」と「YZF R-25」
見た目はかっこいいけど、足つきがよくないなぁ。

 
その次は、
「Ninja250」。
かっこいいけど、メジャー感が漂いすぎてる気がする。
あまり人とかぶらないバイクがいいなぁ。

というか、スポーツバイクは大型がいいなぁ。

 

うーん、やはりネイキッドがいいのかなぁ。

 
と、グーバイクとにらめっこしながらも、無事に中型免許を取得。
 

免許取得後は、バイク屋巡り。
何軒か中古車屋を回り、
「とりあえずいってみるか」と入ったのが「HONDA Dream」。

ついにそこで出会ってしまったのです。

VTR250 special edition」に。

 

目に飛び込んできたのは、マットグレーのボディ。

そして、緩やかなカーブを描きながら、テールへと伸びるブラウンのシート。

独特の形状で力強さを感じる、フレーム。

 

ひときわ目を引くルックスだったようで。

 
好奇心の赴くまま、
いざ、またがってみる。
 

あ、これだわ。

乗った瞬間に確信。

ルックス、足つきのよさが相まって、購入を決意されたそうです。

 

というわけで、MASAさんの初めての一台は、「VTR250」になりました。

 
免許取得から3日後のことでした。
まじではやい。

 

 

「VTR250」を手に入れてからは、岐阜方面の高原を巡ったり、滋賀のメタセコイア並木を写真に収めたり。

”景色を探しながら、ゆっくり走る”という楽しみ方で、写真とバイクをエンジョイ。

 

思惑通り、必要十分なパワーと、足つきのよさは素晴らしく、ロングツーリングでも快適だそうです。

「ここいいな」というスポットがあれば、リュックから一眼レフをとりだし、パシャり。

と、旅の記録を積み重ねているそうです。

 

MASAさんのインスタグラムはこちら

 


 

「VTR250」の乗り味は、必要十分。
重量160kgと軽く、初めてのバイクでも十分に楽しめる扱いやすいバイクです。

 

特に車体がコンパクトで、取り回しが楽。
足つきの楽さはもちろん、ポジションも楽なので、長距離走行も快適。

 

VTR250の特徴である、二気筒のVツインエンジンは低速トルクが強い。
街乗りにはうってつけのバイクかもしれません。

 

もちろん峠も楽しめます。
低速域だけではなく、高回転域までスムーズにまわり、全回転域において安定していますね。
吹け上がりもスムーズに吹け上がり、4000回転以上ではバイクから伝わるパワーを感じることができます。

 

一定のギアで引っ張りながら走る。
というよりは、ギアチェンジをこまめに、操作感を楽しむバイクというイメージですね。

 

まさに、写真を撮るために、ロケーションを探しつつストップアンドゴーを繰り返す走り方にはぴったりです。

 

 

アナログなタコメーターもかっこいい。

 
special editionならではのマットブラックがとにかくイカしてます。
イケイケというよりは、渋かっこいいバイク。

これまでのVTRはソリッドなツヤありのカラーリングがほとんどでしたが、マットな塗装のモデルもまたいいですね。

 

今回は、紅葉ツーリングということで、鈴鹿スカイラインを一緒に走りました。

 

前回のMy Ride Storyに出ていただいた、M.Mさんと巡りました。

実は、僕と同い年で、同じ年にライダーデビューしました!
さらに、愛知県民で、僕の住む町の隣の隣の市に住んでいるということで、激しく親近感を感じました。

 

住んでる場所が近いということもあり、またツーリング(次は岐阜)ができたら嬉しいなぁと思います!

ありがとうございました!

 

愛知県(主に尾張)や、岐阜で「VTR250 SE」に青のミラーシールドのライダーを見かけたら、ヤエー宜しくです!

 
【他の My Ride Story を見る】




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です