バリアスコート最高!お手軽コーティングで、マット塗装にも撥水を!




マットブラックは手入れが大変。

 

雨はすぐに拭かないと、雨シミになってしまう!

しかし、ガラスコーティングを施工すると、マット感が消えて、ツヤになってしまう。

うーんどうしたものか。

 

せっかくの綺麗なマットブラック。

無施工でツーリング

山道をうねうね走ったあとは、虫さんだったものが大量に、スクリーンにへばりつく。

虫さん汁がシミになる。

シミとれない。

 

イヤだッ!!
綺麗なマットブラックに、大量の虫さんがへばりついているは、見たくない!

 

うーん、どうしたものか。

Google先生に質問。

すると、すぐに出てきました。

「バリアスコート」が。

 

どうやら、マット感を消さずにコーティングできるらしい。

 
ものは試しということで、施工してみました!

塗りたてのマットブラックに。

マジで簡単!お手軽コーティング。


 

これが噂のバリアスコート。

純正色がマットブラックのバイクに、これを使ってコーティングしているライダーさんがたくさんいらっしゃったので、これをチョイス!

どうやら、施工後にはマットブラックに深みが出るらしい…!

 

ワクワクだぜ!

いざ開封!!

 

 

箱の中には、

バリアスコート本体
マイクロファイバークロス×2

が入っておりました。

 

クロスを入れてくれるとは、さすがワコーズさん。
これだけ買えば、施工可能です。

 

 

施工面が広い部品には直接かけて使用することもできますが、今回はパーツの大きさが小さいので、クロスに液体を吹き付けて使用します。

タオル越しの手が若干湿るぐらい吹きかけて塗り塗り。

ムラがないように、薄く満遍なく塗り広げます。

 

 

実はこれを施工したのは、塗装し終わった直後。

カウルが汚れる前にコーティングしてます。

でも、

 

撥水の効果はこんな感じ。

 

つや消し独特の水が広がって止まる感じは、あまり感じません!

かなりいい感じ!

 

ガラスコーティングほど、撥水してる感は正直ありませんが、いい感じです。実際に使用したインプレは後述。

 

一番気になるポイントは、
マットにコーティングしたらツヤになるんじゃないの?実際どうなの?
じゃないですかね。

僕のビクビクしていましたが、心配無用。

 

が、若干色が変わります笑。

 
【施工前】

 

 

 

【施工後】

 

 

写真で見ると、ゴールドっぽい雰囲気になってますが、実際に見てみると、マットブラックに深みが増した感じです。

なんか上質な感じがして、施工後の方が好き。

というわけで、あっという間に全体に施工完了。

まとめ・使用感

使用感ですが、これめちゃいいぞ!!

なにがいいって、神風アタックしてきた虫の残骸が、濡れタオルで拭けば一瞬でキレイになる!!

 

ツーリングを終えた後は、毎回ボディを水拭きしてカバーをかけているのですが、バリアスコート後は本当にカンタンにキレイになる!!

 
塗装前のツヤありの部分は割と楽だったのですが、フェイスマスクだけ無施工のつや消しでした。

なので、水跡や虫などを取るために結構ゴシゴシしてたのが、今ではもう…!

楽勝や!!

 

さらに!

秋〜冬は、寒さで結露して、カバーの中に水滴が残ることもしばしば。

週末ライダーの僕にとっては、平日の5日間はカバーをはずことはあまりありません。

 

なので、週末に「いざ乗ろう」とカバーを外すと1週間分の水滴と水の流れた跡が残っています。

いつもは、こいつが曲者だったのですが、施工後は濡れ雑巾でサッと拭いてあげるだけでキレイになる!!

 

いやー、いい。

これは、ツヤ消し・ツヤあり問わず、オススメしたい!

 

しかもバイク一台施工しても、全然減らない

1本2,500円程度と若干高いですが、1本買えば何度も施工できるので、コスパはいいのではないでしょうか。

 

他のコーティング剤で、「プレクサス」とも迷いましたが、マットブラックに施工しても問題ないということで、僕は「バリアスコート推し」ですね!!

 

みなさんもコーティングして、ピカピカのバイクを仲間に自慢しましょう!!
それでは、Have a nice 東海バイクライフ!!




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です