【My Ride Story】 Vol.6 CBR400R ABS/ RIDER:M.K

バイクの数だけ、旅がある。

ライダーの数だけ、出会いがある。

 
ここは、東海のバイクライダーの物語を紐解く場所。

 
「My Ride Story」
 

ドノーマルでも、カスタムでも。

 
東海ライダー達の、愛車との「今まで」
そして、愛車への「想い」を綴ってゆきます。




【My Ride Story】Vol.6:CBR400R ABS


RIDER:M.K
Motor Cycle:HONDA CBR400R’16

 
M.Kさんが初めて出会ったバイクは、YAMAHA SR400。

親戚のおじさんから、「もう乗らないから。」と、譲り受けました。

 
いざバイクライフがスタート!
…するはずが、もらったSR400は、いわゆるボロ。

おそらく年式は80年代。
ほぼ未整備。

 

いくら往年の名車でパーツがあるとはいえ、バイク素人にはハードルが高く、その当時は、自分でメンテナンスする知識やお金もなく、月に1度か2度乗る程度。

いつ止まるかわからない。

という不安もありつつも、やはりバイクは楽しい。
富士山など中部を中心にバイクライフをエンジョイしていました。
 

 
ほどほどにバイクライフを楽しみながら。
仕事にも慣れ、お金と時間にも余裕ができた25歳。

バイクをもっと楽しもうかなぁ。
と思っていいた矢先。

ついに巡り合ってしまいました。

こいつに。

そう、HONDA CBR400Rです。

 

決め手は見た目。
SS風のかっこいいボディで、それなりの速さ。
そして中型免許で乗れるというのもポイントでした。

 
発売前に予約したにもかかわらず、CBR400Rが納車されたのは、2016年 11月。

その当時は、熊本の震災がHONDAの熊本工場の生産を遅らせ、CBR400Rが納車されるまでに、半年近く待たされました。
その分、嬉しさはひとしお。
一気にバイク心に火をつけました。

 
その結果、納車から10ヶ月ですでに、15,000kmを走破。

かっこいい見た目で、それなりに走る。
というのが、このバイクの魅力。

三河、浜松、長野を中心に、1日下道で300〜500kmというバイタリティで、CBR400Rを駆ります。

いつもはぶらっと道の駅を巡るのが、定番。
中部の道の駅で、スタンプ収集が静かなマイブームです。

愛知はほぼコンプリートで、現在は岐阜を征服中。

 

 

また、ツーリングバックにキャンプ道具を積んで、一人でキャンプを楽しむのが最近のブーム。

15時頃にはテントの設営を終えて、自然を眺めながら、酒を飲む。

うん、至福のひととき。

バイクで行けるキャンプ場は限られているので、実はライダーの交流の場。

バイク話に花を咲かせたり、一人で自分の時間を満喫したり。

楽しみ方は様々です。




 
基本的には、見た目はノーマルでした。

カスタムした箇所といえば、
 

 
マルチバーホルダーに、スマホホルダー。

加えて、シガー&USBを装着。

また、こちらはリアマットガード。

ヤフオクで12,000円程度だったとのこと。

このマットガードのおかげで、サスペンションへの泥はねが激減。

サスペンションは手が届きにくいので、汚れがつきにくいのは嬉しい。

 


 

また、メットホルダーも装着。

CBR400R’16〜から用のモデルを装着しているので、当然違和感は有りません。

どこかの誰かとは違う。笑
ちゃんと調べて買ってる。

 

また、僕のバイクとの違いはなんといってもABS。

実際に作動させたことはないとのこと。

僕と同じで、峠で膝をするようは走り方ではなく、マイペースにそれなりの速さでライディングするスタイルでツーリング。

一緒に走って、僕と同じようなペースだったので、変な緊張もなく、本当に楽しく走ることができました。

 

こちらは、「モトカフェ木沢小学校」のイベントのステッカーらしいです。

長野にある廃校を、ライダーズカフェとして営業しているらしいのです。

なんと、校庭にバイクで乗り入れられるという、夢のようなカフェ。

いってみたいですね。

ちなみに公式サイトはこちら。

 

なんの縁か、偶然同じバイクで、偶然同じ目的地。

声をかけて意気投合。

すごく感じのいいライダーさんで、年も近くCBR400Rトークに花を咲かすことができました!

せっかくなので、並べてみました。
赤、かっこいい。

 

 

基本はソロツーメインのM.Kさん。

赤CBR400R+GT-airのライダーを見かけたら、ヤエーしましょう!!

 

【他の My Ride Story を見る】

 




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です