はじめてのバイク洗車。いつもの洗車場に、あたらしい相棒と。

一番バイクの奥の奥まで見つめる時間。

そう。洗車。

 

手はせわしなく、顔は無表情。

一心不乱に、ただただ汚れを探すハンター。

こころの中は、
「まってろ、すぐに綺麗にしてやるから!!」
という気持ちでいっぱいなのです。

 

細かいところまで愛車をよくみて、丁寧に磨く。

そんな素敵な時間。

 

先週末、初めての洗車を終えてきました。




いつもの洗車場へ

僕がいつもセリカを洗う場所、「カーピカランド」

そこへ、CBR400Rを連れてきました。

 

 

ツーリングバッグには、
・いつものスポンジ
・カピカピのセーム
・マイクロファイバータオル
・マスキングテープ
を入れて、いざ洗車場にイン。

 

いつもと違う持ち物といえば、そう、バイク用シャンプー!

WILLSON(ウイルソン) バイク専用シャンプー サビ防止剤配合 02073

 
いつもはシュアラスターのカーシャンプーを使っているのですが、「錆止め」の文字に惹かれ、買ってみました。

さすがに、洗車場の謎シャンプーを、大事なCBR400Rちゃんの柔肌にぶっかけるわけにはいかない。

ということで、バイク用のシャンプーを購入した次第です。

洗車前準備&いざ洗車!

まずは、CBR400Rの「穴」に水が入らないようにマスキングします。

 

熱々のマフラーに紙製のマスキングをえぇい!!と貼り付け。

さらに、
 

一応鍵穴にもマスキングしておきます。
イモビとかが入ってるから、水が入るとまずいっしょ。

本当は養生テープとかがあれば、楽だったんだけど、持ち合わせがないので、マスキングテープで防水加工。

 
そのあとに、バケツでシャンプーを泡立てます。

このシャンプー予想よりも泡立ちがいい!!

防錆とか、雨染み除去とか、鳥フン除去とか書いてあるシャンプーって、個人的にはあんまり泡立たない印象。

でもこれ結構きめ細かな泡なきがする。

ええで、これ。

 

洗車機にコインを入れて、レディゴォ。

 

とりあえず水をぶっかけて、一時停止。

その間にスポンジでこすります。

泡で優しく、強くこすり過ぎないように。

 

 

リアのタイヤハウス的な部分や、汚れが気になっていた、サスの部分まで迅速かつ丁寧に洗い上げます。

防錆と銘打ってたシャンプーなので、エキパイとかも泡だらけにしてみます。

さすがにホイールは、ボディ用のスポンジでは洗えないので、高圧洗浄機の力のみに頼ります笑。

 

 
泡泡の手で、慌てて写真を撮りました。
カメラも洗浄されてました笑

 

その後、水の一時停止を解除して、時間以内に洗浄完了!

拭きあげ&撥水で、ピカピカ

いい感じで撥水してます。

これは、まだボディがピカピカだからか、撥水が効いてるのかわかりませんが、水を弾きんぐしてますね。

うれしい。

 

 

カピカピのセームを水で戻して、拭きあげます。

 

ピッカピカや!!

…つや消しなので、わかりづらす。

 

太陽が反射してまぶしいよぉ!!

ピカピカになりました。

ただ、バイクのボディって、カクカクで、拭きあげにくい。

それに、手が届かないところもあるんので、みんな拭くときはどうしてるのかなぁと疑問。

 

 
ただ、人目に触れるところは綺麗になったので、大満足です。

まとめ

いやぁ、綺麗になった。

バイクの洗車も車の洗車も、一緒な感じがしました。

本当はチェーンも綺麗にしたり、ホイールも綺麗にしたりしてあげたかったのですが、ノリと勢いで洗いにいったので、用具がない…。

こういうのも欲しいなぁ。

3面ブラシで、チェーンをごしごししてあげたい。

ホイールって、車用のクリーナーでもいけるのか…?

とりあえず、奥がふかい。

というか道具がない。

 

あ、あとインスタでコメントをくれたCBR400R乗りの方いわく、
「洗車場のシャンプー使ってたら、樹脂部分が白くなってしまって、今では塗り直してます。」
みたいなコメントをいただいたので、特に黒いバイクに乗っている方は注意が必要ですね。

 

バイクを綺麗にして、すれ違うライダーに自慢しよう!!
それでは、Have a nice 東海バイクライフ!





シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です