モネの池。結局、絶景よりも、そこまでの道の方が心に残ってしまう。

バイクで旅すると、目的地を楽しむ時間より、過程の道を楽しんでいる時間の方が、圧倒的に長い気がする。

 

何時間もかけて目的地にたどり着いたのに、観光は30分以下。

 

だって、そこに着くまでの道で、心が満たされてしまっているから。

たぶん、バイク乗りってそんな、生き物だとおもう。

 

去年から、話題になったモネの池を旅してきました。

もちろん、絶景を楽しめました。

でも、結局鳥肌が立ったのは、そこまでの道でした。笑




最高のワインディング。記録に残せず大後悔。

マジで!!!
なんで動画撮ってなかったんだ俺!!
バカヤロウ!!!

 
と、激しく思ってしまうほどいい道。


〒501-2901 岐阜県関市板取白谷

 
尾張パークウェイを抜けて、国道41号線沿いをひた走る。

その後は、なんやかんやあって、県道81号線へ。

板取川の横を抜けるワインディングロード。

そこからが、このツーリングの真骨頂。

信号はない。エンジン音の中に、かすかに聞こえる川のせせらぎ。

木々のカーテンの合間を抜ける、おいしいカーブの数々。

 
最高です。

 
川の横は涼しい。というか、寒い。
風邪ひくかと思った。

というのも、
「朝の澄んだ空気の中で写真を撮ったら綺麗だろう」
と、6時に家を出ました。

 

先週が暑かったこともあり、メッシュジャケットの下は、Tシャツオンリー。

この時ばかりは、メッシュジャケットの通気性を恨んだ。

「寒ぃぃぃぃぃーー!!けど、綺麗ぃぃぃぃ」
と、何度奥歯を噛み締めたことでしょう。

噛み締めすぎて、歯槽膿漏ぎみの奥歯が、口からこぼれそうでした。

ただ、早朝のいいところは、車が全然走っていない。

あんなおいしい道を独り占め。

 

さらに面白いことに、後ろにGSX-R 750が。

謎の対抗意識が芽生えて、頑張りました。
余裕でベタ付きされました。

 
あんな道で3桁キロだしてはいけません。
しにます。

 
いろいろあったワインディングを終え、気づけばモネの池に。

いろいろあって、やっぱりバイクって楽しい。

到着、池の前。

お米も、朝日に照らされて、黄金色。

本当に気持ちい朝でした。

奥歯をガチガチいわせながら、池へ向かいます。

入れるギリギリまでバイクで行きましたが、車用の大きな駐車場もあるので、マスツーリングで来ようと思っている方も安心です。

神社もあるみたい。
お参りは…していません。

次行ったら、お参りします!!

肉眼より、写真の方が綺麗に見えるモネの池

写真だと、めっちゃ綺麗に見えるでしょ!!

この写真、無補正なんです。

でも、肉眼で見ると、
「おぉ、綺麗や。」
ぐらいの感想。

 
というのも、池自体は大きくないんです。

こんな感じで、引いてみるとポツンとあるかんじ。

近くのお花やさんが、池を綺麗にするために、睡蓮を植えて、近所の人が鯉を勝手に入れて完成したみたい。

だから、池に名前はなく、「名もなき池」というのが名前らしい。

普通に、綺麗です。

まとめ

生で見るより、写真の方が綺麗。

って、うちの母親も言ってました。

 

もちろん、生でも綺麗ですよ!!

いま流行りの”インスタ映え”狙いのスポットであることには間違いありません。

早朝にもかかわらず、若い女性もいました。

 

やっぱり、ここまでのワインディングは最高だったなぁ。

 

近くには谷てきな、別の絶景スポットもあって、それなりに楽しめるのではないでしょうか。

僕はこの後、飛騨古川を目指して走ります。

そこまでの道も最高だった。

別の記事で書くので、しばしお待ちくださいませ。

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です