水、山、風。ひとり自然を浴びる、岩屋ダムツーリング。

木々の間を縫う、ワインディング。

風切り音に混じって、聞こえる蝉の声。

前に進むごとに、涼しさを増す山。

 

ダムツーリングって、自然をめいっぱい吸収できる、ツーリングコースだと思う。

 

いやぁ、いいよ。

マスで旅してもいいし、一人でも楽しめる。

 

そんなわけで、行ってきました。

岐阜県にある、岩屋ダムへ。

飛水峡から、ぶらり下呂方面へ。

この旅は、前回の飛水峡をめぐる旅の続きです。

国道41号線を、ひたすら北上し、下呂に方面へ。

益田街道を進みつつ、保井戸の信号で県道256号線に入り、郡上方面へ。

しばらく走ると、青看板に「金仙湖」の看板が。

 

「お!おもしろそう!」と看板に導かれるまま進みます。

 

お気づきかと思いますが、「岩屋ダム」を目指して走っていたわけではありません笑

好奇心のまま進んでいたら、「岩屋ダム」に着いてしまったのです。




ちょっと寄り道。岩屋岩陰遺跡

256号線から、「岩屋ダム」へ抜ける道は、まさにワインディングロード。

 
好奇心をくすぐられる、細めの道。

おいしいカーブ。

横目には、大きく流れる川。

 

この道を走るだけで、満足度は高め。

 
ただ、落ち葉とかがあるので、あんまりバンクさせるのはおすすめしないです。

 
しばらく走っていると、「謎の巨石群」と中二ゴコロをくすぐられる文字が。

とりあえず、立ち寄ります。

 
でっかい石がありました。
実物で見ると、思わず「おぉー。」という声が漏れます。
でっかいです。

 

これで、暦を見ていたそうな。

 

バイクがちっちゃい。
石がでっかい。

 
石登りで汗をかいたので、ワインディングでさまします。
いざ、岩屋ダムへ。




岩な感じでダムってる!両脇が絶景の岩屋ダム。

つきました岩屋ダム!!

天気がいいと、マジで気持ちいい。

岩屋ダムって、ロックフィルダムといって、傾斜にした遮水性のある土質素材で作られているそうな。

なので、上から見下ろすと、ゴールデンアイのダム(アーチ式コンクリート)とは違った見え方になるそうです。

絶景やで!


 
ちなみに、僕はダムマニアではありませんよ!
記事を書くために、上の事は調べました笑

 
反対側はこんな感じ。

湖に空が反射して気持ちいい。

これはこれで、絶景なのです。

泳ぎたくなる。

泳いだら、すり身になって、放流されるのかなぁ。
 

また、岩屋ダムは、ダムのてっぺんにバイクで乗り入れすることができるのが嬉しい。

左右に絶景を望んで、通るダムの上は、まさにダムツーリングのフィナーレって感じ!笑

いいぜ!ここ!

こんな感じで、道が広がってます。

真夏にもかかわらず、心地よい風が抜けて、涼しいです。

ダムの周りも走れます。ただし…。

岩屋ダムは、ダムの周囲に道があり、ダム湖を一周できるんです。

わっくわくで、突貫します!

yeahhhh!!!

ダムを抜けて、このGOODな道!!

「いいねぇ!!」と一人で叫びながら走ります。

いいねぇ。

景色いいよマジで。

 

が、そんなハッピーライディングは5分で終了。

結論から言うと、ダム湖の周りをバイクで走ることはおすすめしません。

僕が走ったのは、雨上がり。

雨が道をさらに悪路へ変えてくれました。

 

陥没、亀裂。

湿った落ち葉に流れる水。

細かい砂利。

苔。

落石

 

試練が盛りだくさん。

あの広大なダムを一周する速さは、最徐行です。

30分かけて徐行地帯を走ります。

時々、後輪がダダ滑りで、脇汗じゅるじゅる。

 

景色を見ようにも、足元をおろそかにすると、つるっといきそうなので、目線はずっと足元へ。

車の轍もないので、おそらくほとんど使われてないのではない道ではないかと…!

ぶっちゃけ、全然楽しくありませんでした。

ずっと晴れてる天気なら、チャレンジしても楽しめるかも!
 

悪路を抜けると、絶景が待ってました。

あぁ。綺麗やで。
空の青さが反射してる。

心と脇に、爽やかな風が…!

まとめ

楽しい。

ダムツーリングって楽しい。

 

自然をいっぱい浴びて、風を切ります。

絶景で撮影して、旅の思い出もバッチリ。

道の難易度は全然高くないので、景色を楽しみながら、ワインディングを楽しめる。

いいよ!おすすめ!

 

一人って、寂しいと思ってたけど、これはこれでいい。

 

街にもどると、とたんに汗をかいたので、やっぱり山って涼しいなぁ。

みなさんも、ぜひ自然を満喫するダムツーリングをエンジョイしてみて!

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です