エメラルドな水!涼しいワインディング!真夏の避暑ツーリングは「小坂の滝めぐり」で決まり!

行ってきました。

滝めぐり。

岐阜県下呂市まで。

 

一言で言うと、
「この季節はマジでオススメ」

 
滝のある場所は山の中。

山の中は信号が少ない&涼しい

景色を楽しむワインディングを思う存分楽しめる。

目的地には、心を癒してくれる滝

帰りには、温泉で体の疲れを癒す

適度な疲れで、寝つきも抜群

 

この完璧な流れ!

マジでオススメです!
「小坂の滝めぐり」




美濃加茂インターから、ひたすら国道41号線

この日は事情により、「せと品野IC」から高速に乗ります。

東海環状自動車道で、景色を楽しみながらぶっ飛ばします。

「日本昭和村」でおなじみの、美濃加茂インターで高速を降り、
ひたすら国道41号線を走ります。

山と川の間を走り抜ける国道41号線

 

僕のツーリングでは、国道41号線はすっかりおなじみになりましたね笑

 

すでに動画では、41号線から脇道に入った面白ワインディングロード。

 
山道を爆走する、NDロードスター、RX-8に続いて、山を駆けます。

この道、マジで楽しい。

 

おいしいカーブが連続しています。

体の中のアドレナリンが盛り上がる!

ちょっとええ感じにコーナーを抜けられるとゾクゾク。

その後は、41号線の本線にもどり、ひたすら下呂市を目指します。

到着。岐阜県下呂市小坂町

ここまで、41号線をまったりツーリング。

美濃加茂インターを降りて、1時間半ほど走ると、ついに小坂町に到着しました。

ものすごい大々的に、「小坂の滝めぐり」をPR。

が、商工会議所は閉じていたので、滝めぐりののぼりを頼りに、進みます。

 
この町、マジで信号ない。

のぼりを頼りにガンガン進んで、「道の駅 こさか七滝」で地図を確認。

さらに川沿いを進んで、森の中へ。

 

 

森を抜けると、そこには「小坂の滝めぐり」の入り口「厳立峡」

 

出てきた瞬間は、マジでトリハダ。

 

思わず「スゲー!!」と、心の声が漏れる。

 
「厳立峡」ハンパねぇ。

いざ、小坂の滝めぐり!

とりあえず、記念写真。

スタッフのお兄さんが、
「バイクこっち入れて、一枚とりますよ!」
と言ってくれたので、
歓喜のガッツポーズ。

 

僕がこれからめぐるのは、三ツ滝コース。

募金的な何かに協力して、地図をゲットしました。
 

 
が、入り口のおっちゃんが、ものすごく丁寧にルートを説明してくれたので、道は頭にインプット。

いざ滝めぐりへ!

入り口からマイナスイオンを感じながら、歩みを進めます。

 

「ししがみの森」的な神秘ゾーンを歩きます。

こだまが出そう。

 

すぐ横には清流が流れ、めちゃくちゃ涼しい。

ライディングでかいた汗もなんのその。

 

…滝の気配。
雰囲気のある橋。

 

出ました1本目!

「三ツ滝」

めちゃくちゃ水がきれいです!

岩場にかかった鉄の足場を頼りに、さらに滝へ接近。

 

 
前日の岐阜県は豪雨だったため、水量がすごい。

ゴゴゴゴゴという音とともに、水が滝壺へ吸い込まれる様は圧巻。

 

さらに歩みを進めます。

人がいないので、探検気分でドキドキ。

 

だってこんな森のなかのサビた足場を頼りに、進んでいくんだもの。

 
テンションが上がらないわけがない!

 

木の橋を発見し、写真を撮っていると、

 

突然、ボゴン!!と足場から鈍い音。

全身が粟立って怖くなったので、とりあえず急いで「厳立峡」へ帰ります。

 




オフ車なら楽しめる!CBR400Rには地獄。次の滝へ続く道

「厳立峡」を出て、どんどん山奥へ。

 

初めの2、3分は舗装された道。

流れている水と、道に転がる落石を避けながら進むと

 

 
はーい、でました。

「岩道」でーす。

 

これが15分ぐらい続きます。

 

こけたらカウルがボコボコにされる…!

と、ものすごく神経を使って、丁寧に走ります。

景色どころか、ほんの2~3m先の路面状況を確認しながら進みます。

 

オンロードバイクでここを走ると、マジで目線は路面。

 

しばらく走ると、少し開けた場所に駐車する車が。

その横へバイクを止めて、3分ほど歩きます。

 

すると、見えてきました絶景!

 

 
「からたに滝」です!

 

でけー!すごい迫力!

 

そして、水のきれいさがハンパじゃない。

 

美しくも壮大な滝です。

こんな水量の立派な滝を見たのは初めてなので、マジで感動。

夢中でシャッターを切ります。

カメラはびしょ濡れ。

 

この滝のすぐとなりにはさらなる絶景。

 

 
「あかがねとよ」です!!

こっちは、迫力というより、神秘的な光景。

 

木々の間から差し込む光が、ちょうど水面を照らして、エメラルドグリーン色に。

まじできれい。

 

とにかく、水底もはっきり見えるくらいの水のきれいさ。

 

ちなみに水中はこんな感じ。

きれいさマックス。

AS200Vを、そのまま川へぶち込み。

生活防水対応だから大丈夫!

 

この水面をみながら、しばらく黄昏ていました。

 

心が洗われました。

まとめ

意外にもこの日のバイカーは自分だけみたいでした。

なぜこんなにいいスポットにライダーが少ないかナゾです。

 

実はさらに進んだところにも滝があるのですが、長い砂利道と帰りの時間を考えて、今回は断念。

 

また、小坂の滝めぐりは、こんなもんじゃありません。

 

大小様々な滝がたくさんあります。

これはシリーズ化できそうな予感…!

 

このあと、下呂温泉の露天風呂に浸かって帰宅しました。

まじ最高です。

 

ほんと名古屋からの避暑ツーリングには、マジでオススメできます!

ぜひ避暑ツーリングには、小坂の滝へ!

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です