コレ、ほしかった!ロングツーリングが3倍快適になる、ツーリンググッズまとめ!

1日300km以上のツーリング。

終盤は、絶賛どMタイム。

 
50km地点「やっぱバイクっておもろいなぁ!俺は風になる!!」

 

100km地点「だいぶ慣れたし、ちょっと、コーナー攻めてみるか…!ハングオン!!」

 

150km地点「ちょっと疲れたなぁ。これから休憩多めで!」

 

200km地点「腰いてー。なぜか肩がこる。コンビニ or 道の駅プリーズ…!」

 

300km地点「調子に乗ってごめんなさい。早くうちにかえりたい。」

 

300kmオーバー「………。」

 

僕は1日300km以上走るとこんな感じ。笑

 
長距離ツーリングって、最初は楽しいけど、最後は地獄。

そう感じてしまいます。

 

もちろん、家に帰って振り返ると、

「キツかったけど楽しかったなぁ!」

となるのですが、

最初から最後まで

「バイクサイコー!」

となりたいのです。

 

そんなわけで、ツーリングを快適にするグッズをまとめてみました。




運転の要。腕をの疲れを軽減。

長距離運転でしんどい場所その一。

同じ開け具合をキープし続ける腕。

 

特に、高速道路では追い越しなどをしない限り、ずっとスロットルは一定。

 

肩がこる原因って、これじゃないかなぁ。

 

そんな腕をサポートするアイテムはこちら!

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) スロットルアシスト

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) スロットルアシスト ブラック フリー TR001

 

アクセルを握らなくても、掌をスロットルアシストの上に乗せるだけで、アクセルの操作ができる激便利アイテム。

長距離で運転する際には、必須ですね。

 

これをつけたからといって、ハンドルが握れなくなるわけではありません。

まさに+αの便利グッズですね。

ツアラー+コレ=快適度120%じゃないですかね。

 

遠出する前に、購入必須です。

バイク用 アンチバイブレーションパームカバー

コミネ(Komine) バイク用グローブパームカバー アンチバイブレーションパームカバー(左右セット) ブラック 2XL 09-069 AK-069

 

 
疲れは振動とともにやってきます。

エンジンの振動に手がしびれてくると、疲労感もどっと増しますよね。

 
なので、手からの振動を軽減しましょう。

グローブの上から巻くタイプのパームカバーです。

 

パームとは、掌のこと。

掌に振動を吸収するパッドが装着されており、手の振動を軽減してくれます。

 




尻を守って、より快適に

やっぱりバイクで一番疲れるところは尻です。

エンジンの振動がダイレクトに伝わる場所なので、距離に比例してダメージがボディブローのように効いてきます。

 
長距離ツーリングを終える頃には、尻は真っ赤。

単気筒エンジンのバイクなんて、真っ赤を通り越して、青…?

 
肛門を破壊される前に予防しましょう。

EFFEX(エフェックス) ゲルザブ R バイクシート

EFFEX(エフェックス) ゲルザブ R バイクシート 巻きつけタイプ GEL-ZAB EHZ3136 オートバイ 二輪用 EHZ3136

 

 
ゲルザブです。

お尻の友達。

シートの上に装着することによって、尻への負担がかなり減った!

との声多数!

 
「エクスジェル」という柔軟性と形状記憶性を兼ね備えたゲル素材を使用し、ライダーのお尻を守ってくれる頼もしい味方。

 
素材自体は厚すぎず、装着してもほとんど違和感はないそうです。

慣れの部分も大きい気がしますが。

 
さすがにスポーツライディングをすると、ずれてしまうので、要注意。

 

「ゲルザブは高い!」という方には、

デイトナ(Daytona) ツーリングサポートゲル

デイトナ(DAYTONA) ツーリングサポートシートカバー ゲル 78176

 

 
デイトナ製のゲルシート。

エフェックス製との違いは定かではありませんが、上記のモデルにも搭載されている、ゲルをメイン素材にしていますね!

 

ゲルの品質<価格 という方には、デイトナ製もオススメです!  




防風対策で、疲労軽減!

走行中はずっと風にさらされるのが、バイクの宿命。

気持ちいい。が、バタバタ服が乱れると疲労の原因。

 

風を味方につけて、より快適なロングツーリングを。

ワールドウォーク(World walk) ウインドスクリーン 汎用

ワールドウォーク(World walk) ウインドスクリーン 汎用 クリア ws-02wc

 

ウインドスクリーンがあるのとないのでは、全然違う!

フルカウルに乗った後に、ネイキッドに乗った後に、スクリーンの偉大さに気づきました。

 

ただ、ネイキッドにスクリーンをつけるというのは、スタイリング的に賛否が分かれるところですね。

僕のCBR400Rも、スクリーンを交換し、角度が若干上向きになっただけで、風の当たり具合が全然変わりました。

 

ちょい伏せで、無風です。

スクリーンのおかげで高速も楽チン。

 
フルカウルのライダーも、角度をかえてみてはいかがでしょうか!

ショウエイ(SHOEI) Z-7

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス Z-7 マットブラック M(57cm)

 

快適ツーリングといったら、ヘルメットはかかせません。

以前、友人にバイクブロスで買った1万円以下のフルフェイスメットを貸してもらったのですが、マジで雲泥の差。

 
バイクブロスメットには悪いですが、クォリティが全然違います。

シールドの密着具合、エアフロー、静音性、どれを取ってもZ-7が上です。

そして、軽さ。

疲労感が段違いです。

良いメットは、ツーリングを幸せにしてくれる。
 

これのおかげで、マジで快適なツーリングができています。

詳しくはこちら。





バタバタしないライディングジャケット

DUHAN(ドゥーハン) バイクジャケット&パンツセット ブラック L オールシーズン 春夏秋冬用 905410

 

普通のマウンテンパーカーとかだと、70km/時あたりから、風のバタバタが気になります。

これって、かなり疲れるんです。

というか、バタバタがないだけで、快適さが数段あがります。

 

なので、僕は遠出する際には、必ずライディングジャケットを着ています。

風のバタバタがないというのも、理由の一つなのですが、ライディングジャケットを着ることで、安全性が増します。
やはり安全に走り、無事に生還したいのです。




その他の便利グッズ

 
上には当てはまらないけど、あったら嬉しいグッズはこちら。

トゥー・ホイール・クール(TWO WHEEL COOL) ヘルメット用ベンチレーションライナー

 

トゥー・ホイール・クール(TWO WHEEL COOL) ヘルメット用ベンチレーションライナー エアーヘッド チェッカード

 

 

頭のベンチレーションを改善。

ヘルメット内にスペースを作ることによって、頭皮の蒸れを防いでくれる優れもの。

 

さらに、髪型が崩れないのが嬉しいところ!

ヘルメットを取った後の、ペッチャンコヘアとはおさらばです!

 

ただ、ヘルメットがタイトだと、頭が痛くなるみたいなので、注意が必要です。

 

ディスクロック

コミネ(Komine) セキュリティロック リマインダーディスクロック イエロー (φ10mmx55mmx10mm) 09-114 LK-114

 

 
走行中の快適性とは違いますが、移動先の安心感が違います。

 
さすがにハンドルロックだけでは、心もとない。

 
僕はリアのスペースにこれを入れておいて、バイクを長時間離れる際には、これを使っています。

目立つ黄色なので、防犯してまっせ!!とアピールできるのもGOODなポイント!

リアバッグ

タナックス(TANAX) MOTOFIZZ シートカウルバッグ /合皮ブラック MFK-109[容量7ℓ]

 

やはり長時間ツーリングにリュックを使っていると、肩がこりますよね。

ただ、おダサいバッグを装着して、バイクの美しいシルエットを崩したくない。

 

ただの四角いボックス型のバックではなく、流線型でスタイリッシュなデザインならオシャレかな。と。

 

積載性と、スタイルの両立は難しい。

サイドバッグやパニアケースなどは使いたくないんですよねぇ。

一時できなら、フックとかネットとかもありなのかと思います。

まとめ

全部装備すると、フルアーマーガンダムみたいになりそうですが。笑

数千円で、快適なバイクライフがずーっと手に入るとおもうと、ついついぽちってしまいます笑。

お金をかけずに、快適なツーリングを手にいれるには、もう「ロングツーリングに耐えられる体をつくる」くらいしか、思い浮かびません。

 

自分が実際に使っているものと、欲しいものをまとめましたが、一番気になっているのは、「スロットルアシスト」と「ゲルザブ」ですね。

購入したら、インプレします!

 

ちょこっとのお金で、快適なツーリングライフを!

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!






シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です