自分のバイクのCM、PVって見たことある?「歴代CBR」のプロモまとめ。

みなさん、自分のバイクのプロモーションムービーって、見たことありますか?

 
僕はありませんでした。

みようと思ったきっかけは、仕事中でした。

 
職業柄、WEBムービーを作ることもあり、参考動画を探していました。

ミュージックビデオを中心にチェックしていました。

音楽のPVなんてのは、カメラワークやカット割り、企画がとても参考になるのです。

 
Youtubeを漁っていると、

「そういえば、CBR400RのPVってどんなのだろう。」

 
と疑問に思ったのがきっかけ。

 
探すと、海外ものが結構出てくる。w

動画をみて、僕のCBR400Rへの愛が、より深くなりました。

 
自分のバイクだけまとめても、ただのオナニーなので、せっかくなので歴代の「CBR」のプロモムービーをまとめました。

 
web上で発見できたのは、主に2000年代以降のモデルばかりですが、自分のバイクのコンセプトや推しポイントが動画でわかるのはおもしろい。

 
自分のバイクのPVを見て、もっと愛車を好きになりましょう。




CBR150R

CBR150Rです。

「CBR」の末っ子です。
150ccとは思えないスタイリングのバイクですね。

 
とくに、2016モデルはマジでカッコイイ。
目の上のラインイルミは、CBR150Rだけ。

150ccなのにこんなにかっこいいなんて、HONDAさんも粋ですね。

 
本当はCBR125Rがあるのですが、動画が見つからなかったので、割愛です。あしからず。

 

 

2016モデル

 




CBR250R・CBR250RR

kawasakiの「Ninja250R」に追随する形で、クォータークラスを盛り上げてくれた立役者。

弟の初代バイクでもあり、僕もこっそりまたがっていました。

 
軽いボディとトルクフルな単気筒エンジンは、街乗りも山道もスイスイ。

 
入門バイクの決定版な気がします。

 
が、「HONDA」「250CC」「CBR」といえば、やはり2017に発売した「CBR250RR」は外せません。

PVも半端なくかっこいいです。
これをみて、購入を決意した方も少なくないはず。

 

2011モデル

 

 

2014モデル

’17CBR250RR

 





CBR400R

愛車です。CBR400Rです。かっこいい。

海外ではCBR500Rとして知られていますね。

500と400で見た目に違いはありません。

 
やはり、PVはかっこいいですねぇ。

さすがプロって感じ。このバイクが一番魅力的に映る角度が、しっかり映されている。

参考になります。

 

そのバイクを象徴する物語があるというのは、面白いですね。

 
ただ、CBR400RとCB500Fはセットなんですかねぇ…。

 
同じ型式のエンジンだからというのはわかるのですが、ニコイチって感じだと、なんか…こう…うーん…。

ただ、動画は愛車ということもあり、数も多目(笑)

めっちゃ調べました!

2013モデル

2016モデル

 

 

 
後半にへんなのがはいってます

 





CBR600RR

2003年にデビューしたCBR。
現在は生産終了しているのが、残念です。

 
Moto GPの初代チャンピオンマシン「RC211V」のDNAと当時の先端技術を詰め込んだスーパースポーツバイク。

 
CBR1000RRほどのハードルの高さがなく、初めてのバイクでSSを選びたいという人にとって、フレンドリーなマシン。

 
個人的には2003・2005年モデルの顔が好き。

 
才谷屋から出ている、旧CBR250RR用のCBR600RR仕様へ変えるカウルセットを買おうかと、大学生だった僕は、真剣に考えたほど笑

また、センターアップマフラーはCBRの象徴ですね。

かっこいい。いやぁ、かっこいい。

2003・2005モデル

動画を埋め込みできなかったので、URLです。あしからず。

https://www.youtube.com/watch?v=TSGVy0jDb0E&list=PL54C4780CBF4C5C42

2007モデル

2009モデル

 

 

2013モデル




CBR650F

弟の乗っているバイクですね。

一緒にツーリングしているので、わかるのですが、速いです。

 

他のCBR勢が独立二眼のマスクの中、唯一単眼の顔をしたイケメンバイク。

 
最近マイナーチェンジして、LEDヘッドライトを標準搭載となったので、顔つきに精悍さが増しましたね。

かっこいいです。

 
走りは、まさに4気筒のエンジンのベーシックなスポーツといった印象。

最高出力83phのエンジンは、街乗りも高速走行も十分にこなしてくれます。

 
とか、書いてますが、本気出されたら簡単に追いつけません。

はやいです。

 

個人的に好きなところは、マフラー。

 
車体の下から、ちょこっと出ていて、バイク全体がシャープに見えるのがツボです。

2014モデル

 

2016モデル

 






 

CBR1000RR

CBRといえば、CBR100RRです。
CBRの長兄にして、象徴です。

海外では、Fireblade(ファイアブレード)として知られています。

 
Hondaが世界に誇るSSですね。

 
最高出力は180ph、最大トルクは114Nm/10,500rpm。
パワーウエイトレシオは1.0kg/PS。
最高速300km/時以上。100km/時までの加速が3秒以下。

 
スペックだけ見てもモンスターですね。

加えてあのイカしたスタイリング。

 
正直僕は乗りこなせる自信がありません。

 
フルスロットルからのウイリー&バク転転倒、まったなしですね。

 
やはりPVも力が入っていてかっこいいです。

地上波でもやりゃいいのに。まったく。

2004モデル

 

 

2006モデル

 

2008モデル

 

2012モデル

 

 

2017モデル

 





まとめ

いやー、いいですね!!

これ全部見てたら、結構時間があっというまに通り過ぎていきますね!

時がCBR1000RRなみに加速していきますね!!

 
非常に購買意欲をそそられる。

どの動画を見ても癒される。

 
個人的に好きなのは、2013モデルのCBR600RRの動画ですね。

 
だんだん時間が止まりはじめ、超スローで、ホイールの回転まで止まって見えるシーンなんてのは、ロードスポーツのシズル感が、これでもか!というくらい詰まっている。

 
いい!いいぞ!CBR!!

 
やっぱこれ見ると、自分のバイクでも、撮りたいですね。

 
こちらの動画集ですが。

 
CBRライダーのみなさま。

睡眠導入用に。

作業用BGM用に。

雨の日の気持ちを紛らわす用に。

様々なシーンでご活用いただけます。

 

CBR購入を検討中のみなさま。

刺激された購買意欲そのままに、買ってください。

 

ともにCBRの輪を作りましょう。

 

というわけで、僕はテンション爆上げで仕事に戻ります。

 

あ、あと、「これ間違ってる!」とか、「これも追加して!」とかご要望があれば、コメントに書いてくだされ。

メアド入れるとか面倒。という方は、Twitterとかでもいいので、お知らせ頂けると嬉しいです。

それでは、Have a Nice 東海バイクライフ!




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です