【プチカスタムvol.2】脱!メットのミラー掛け放置。ヘルメットロック装着で、旅先でも安心。

CBR400Rの不満な所。

いや、CBR400Rの不安な所。

 
そう、それは、バイクを降りた後の、ヘルメット。

 
短時間なら、ミラーに引っ掛けて。

長時間ならば、持ち歩いて。

 

持ち歩くのは、面倒だけど。
ミラーにかけっぱなしで、大事な大事な「Z-7」ちゃんが、盗まれでもしたら、立ち直れません。

そんな不安を抱えながら、旅へ行っても、100%楽しめない!!

ということで、

 
買いました。ヘルメットロック。
 



キジマ(Kijima) ヘルメットロック

はじめに言っておくと、

こちらの商品は、CBR400R(Y16~)用ではありません。

 
そして、CBR400R(Y16~)は存在します。

 
つまりどういうことかというと、

 
「間違えて買ったけど、無理矢理つけちゃった☆(テヘペロ」

僕が購入したのは、こちら

だってこれ!

商品名の中に

「CBR400R(’13Y-)」

って書いであるでしょ!

それは、間違えますよ!!

 

声を大にして言いたい!!

 
「ちゃんと調べもせず、すぐにポチってはいけないと!!」

 
…はい、完全に僕のミスです。

正しくはこちら。

上の商品でも、問題なく(?)取り付けられたので、
タンデムステップの取り外し方の参考に、
以下もご覧下さい。




取り付け編

ステップの取り外し

まずは、タンデムステップを取り外します。

8mmの六角レンチを使用して外します。

 
なかなかの硬さですが、反時計回りにゴリっと外します。

こんな感じで外せました。

 
説明書によると、ステーの三角の隙間から、メットロックの部分が顔を出す写真が付いていたのですが…

はい。

この通り、サイズ感が完全に「ロック>三角の穴」です。

 
説明書と悲しい現実を3往復した所で、気づきました。

 
「これは、購入ミスだ」と。

 
知恵の輪的に攻略できないかと試しましたが、無理でした。

 
なんとか、取り付ける方法を考えます。

ちなみにですが、バイクの部品は六角レンチで取り外せる箇所が多いので、こんなのを一つ持っておくと捗ります。
100均のでも使えるのですが、かなり固く締め付けられている部分もあり、下手するとレンチがなめます。
セットをひとつ持っておくと安心です。

 

ロックの取り付け

付属にネジが付いているのですが、
ステーとボディーの間にロックをかますため、付属のネジの長さが若干長いです。

 
取り付けには支障はないかと思いますが、念のため、付属のネジを使って取り付けます。 

取り付け完了です。

ロック部分は本来下向きのはずですが、
逆さにしか取り付けられなかったため、
僕のロックは天に向かってまっすぐ伸びています。

 
取り付けた後に、
「ふとももの裏に突き刺さるんじゃね?」
と、バイクにまたがってみましたが、
問題ありませんでした。

 
が、タンデムするときは激しく邪魔なので、
晴れてタンデム不可車両となりました。

 
この勢いで、シングルシートカウル装着を狙います。

取り付けると、こんな感じ。

ロック自体は、それほどの強度は感じませんでしたが、

「ロックしてある」という事実が、防犯と安心感に繋がります。

 

うん。8割ぐらい満足。




まとめ

今回は完全に購入ミスですが、ヘルメットロックを手に入れることはできました。

これで安心して、「Z−7」をバイクに置いて歩き回ることができます。

めでたしめでたし。

 
実際に旅先で使ってはないので、なんとも言えませんが、使うのが楽しみですね。

 
天に向かって伸びるロック。

 
よく見れば、とてつもなくシュールな作品に仕上がりました。

 
もしCBR400Rユーザーの方で、ロック購入の参考にしている方は、くれぐれも、「16年モデル以降専用のロック」をご使用ください!

こっちですよ!

チャレンジングスピリッツに溢れる方は、
僕と同じ「天をめざすロックを装着しましょう!」

 
道の駅で見つけても、笑わないでね!

それでは、Have a nice 東海バイクライフ!




シェアする
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です