フルフェイスのヘルメット選び。脱ジェットの僕は、悩んだ挙句にコレを選んだ。




ヘルメットたちよ。悩ませてくれてありがとう。

 
ブツブツ
「重さは1,400kg台がいい。シルエットはマッチ棒みたいにならないように、小さく見えるようなやつがいいな。インカム使うし静音性も捨てられん…  はっ!! インナーサンバイザー!? そんなものがあったなんて!ぜひついているのが欲しい。しかし、シェード部分のエアフローはどうなんだ?そもそもシェードの機構がつくと重くなるのでは…?それよりも値段が…予算を超え始めた…。

…俺は結局どれを買えばいいんだっ!? (ニヤニヤ」
 
という思考を何度も何度も繰り返しました。

 
こんな楽しい時間を提供してくれて、
メーカーさんに、ありがとうと言いたい!

 
今回はフルフェイスデビューする相棒探しに、寝ても冷めてもヘルメットのことしか頭になかった葛藤と、候補の機種とその理由について書きたいと思います。

 
今までは、どっちかというと情報をしっかり伝えられるように、”お役立ち情報”を書いていました。

なので個人的な思いは控えめでしたが、今回は個人的な感情を垂れ流したいと思います。

なので、ちょっと文体が変わりますが、ご了承ください。

 
ほんとは、
“感情垂れ流し型の記事” を書きたい、僕であります。



候補のヘルメットたち

僕が候補に挙げたモデルは、この4機種。

「OGK AEROBLADE-III (エアロブレード3)」
「OGK KAMUI II (カムイ2)」
「SHOEI GT-air」
「SHOEI Z-7」

です。

 
バイクはCBR400R(予定)で、
似合うフルフェイスが欲しい!
というのが、事の発端。

 
家にも3つほどヘルメットがあるのですが、

 
「後頭部がえぐれた、ジェットヘルメット」
「ガバガバで超重量級の、システムヘルメット」
「カブ用に買った、パイロットヘルメット」

 
という、謎のラインナップ。

ジェットに至っては、傷でシールドがスモーク状態いう、ほぼ走行不可メットです。
そして気づいたことは、確実にCBRには似合わないということ。

 
だったら新しいの買おう。
せっかくならいいのを買おう!

 
と、ヘルメット選びに悶々とした日々を過ごしていたわけです。

ヘルメット選びの基準1:大きさ

 
まず、大事にしたことは、シルエットが小さくみえること。

 
なぜかというと、カッコよくバイクに乗りたいから。

 
鏡の前で、「Mサイズくらいだろ!」と、
意気揚々と頭をメジャーで計測。
結果を見て、戦慄。

 
「おいおい、Mどころかワンサイズ飛び越えてXLじゃねーか!」
マジで変な汗が出ました。

 
そう、大きいんです。
僕の頭の周囲は61cmもありました。

 
ただでさえ頭の大きい自分が、さらに大きなヘルメットをかぶったシルエットは、
つくし」「マッチ」「ボンバーマン」と
重量バランスに不安を感じるものを連想させます。

 
前から見ると、そうでもないのですが、どうやら僕の頭は前後に長いようです。

 
エイリアンタイプヘッドです。

 
というわけで、カッコよくバイクに乗りたい僕は、
小さく見えるシルエットが一番大事。

 

ヘルメット選びの基準2:軽さ

 
ツーリングの際に、
しばしば“超重量級システムヘルメット”を使うのですが、これをかぶって長時間走行を行うと、
もはやツーリングというより、筋トレです。

 
後方確認で振り返るたびに、首が持っていかれます。

 
とくに、ツーリング終盤になると、首が辛くても後ろを確認しなければならないという、
“安全に対する意志力”を問われている気がします。

 
そんな修行ライディングとは、おさらばしたいわけです。

 
一度、こっそり弟の「OGK KAMUI」を使用したのですが、首の快適性に感動しました。
今まで僕がかぶっていたものは、
ボーリング玉をくりぬいた何か」だったんじゃないか…。と錯覚するほどに。

 
なので、軽さは正義。
というより、軽さは安全につながると実感しました。

ヘルメット選びの基準3:静音性

 
上二つにくらべると、それほど重要度は高くありません。

が、ヘルメット選考においては、一つのポイントです。

 
なぜかというと、
クリアな音声で、バイク動画を収録したいから。

 
youtubeに投稿するために、
アクションカムからマイクラインをヘルメット内にひいて、音声を拾いたいと考えているからです。

 
また、インカムでの通話に風切音を載せたくない。

というのも理由の一つです。

 
使用しているインカム『SENA SMH5』にも
ノイズキャンセリング機能はあるのですが、
正直、心もとないからです。


ヘルメット選びの基準4:その他

忘れてはいけません、予算です。

もちろん値段も大事です。
基本的に安い方を選ぶというのが僕の生き方。
(なんじゃそれ笑)

 
ただ、『安物買いの銭失い』を2回も実践しているので
(パイロットヘルメットには満足)

 
ちゃんと、自分にあった納得したものを買いたい。
という想いがあります。

 
予算はズバリ35,000円以内!
ワープワな僕にとっては、大金です。

 
しかし!背に腹は代えられません!
見た目第一!安全第二!

 
他に心を惹かれたポイントは、
インナーサンバイザーです。

 
逆光が眩しくて、対向車が見えないのはよくあること。
そしてそれは、とても危ないのです。

 
弟は逆光ビームに目を焼かれ、事故りました。
今では元気にCBR650Fに乗っておりますが。

 
なので、サンバイザーはとても心惹かれるところ。
ジャキン!って感じでかっこいいし。

 
が、大きさを一番に考えているので、
サンバイザーがついてシルエットが大きくなるなら、いらないかな。
と、思っております。

 
見た目に関しては、「HAQ」ステッカーを貼りたいので、黒orマットブラックにする予定。

個人的には、バリバリのグラフィックとかはいりません。

ぶっちゃけ、黒ければなんでもいいです。



ヘルメット候補1:OGK AEROBLADE-III (エアロブレード3)

まず、初めは「OGK AEROBLADE-III (エアロブレード3)」

これの特徴はズバリ軽さ!
重量1,375gという圧倒的な軽さ

 
ボーリングを玉をくりぬいた何か」をかぶっている僕がコレをかぶると、
おそらくに感じるでしょう。

 
 
……言いすぎましたが、この軽さは魅力ですね。

 
 
首とか肩とかちょー楽そう。
修行ライディングに、グッバイ!
かなり魅力に感じます。

 
値段も、amazonで3万円弱と、予算内。
シルエットも小さめだし。

 
いやー、いい。
欲しいわ。

というわけで、第1候補。






ヘルメット候補2:OGK KAMUI II (カムイ2)

2つ目はこれ「OGK KAMUI II (カムイ2)

 
「AEROBLADE-III (エアロブレード3)」に比べ、
重量は約1,550gと重め

 
それでも、例のシステムメットよりは軽いはず。

 
というか、アレを比較対象に出したら、
かぶるヘルメットすべてに
うわ、めっちゃこれ軽いやん!」と、
バカみたいに言いそうですね…。

 
また、この「KAMUI II (カムイ2)」には、
インナーサンバイザーが付いているんです。

 
耳のあたりのレバーを操作すれば、
ジャキン!とバイザーが現れる。
一人でドヤ顔したいです。半分隠れますが。


そして、一番のポイントは安いということ。

amazonで2万円強と、とにかく安い。
コスパという言葉に心惹かれる僕は、
とても魅力的に感じます。





ヘルメット候補3:SHOEI GT-air

SHOEI GT-Air」です。

僕のエイリアンヘッドはXLサイズなので、重量は1,585g。
なかなかの軽さ。

 
GT-Airの一番の特徴は重量1,585kgで「サンバイザー」を搭載している点です。

 
また、標準でピンロックシートが付属してます。
(ピンロックシートとは、シールドに貼る曇りどめシート)
 
スピーカーのスリットもしっかり確保されているというのも嬉しい!

 
他の方のインプレを見ていると、
インナーのメガネスリットがとてもいいとのこと。

 
また、バイクに乗る際には、コンタクトを使用しているのですが、長時間走行は、さすがに目が乾く。
そんな時に、メガネに交換できたら嬉しいかも。

予算は若干オーバーですが、第3候補。

ヘルメット候補4:SHOEI Z-7

はい、大本命の「SHOEI Z-7」です。

以前の記事でも紹介しましたが、

 
これが、本命です。

 
まず、サイズ。
とても小さい。エイリアンヘッドを隠してくれるほどに。

流線型がカッコイイ。

 
軽さ。
ソリッドカラーモデルは、1,423gと軽量。
エアロブレードよりは劣りますが、
「マジで軽い」とのインプレ多数。

エアロブレードは「静かじゃない」というインプレが多数あったので、静かで軽いこちらの方が魅力的。

 
次に、静音性。
ばっちりです。追求された気密性とイヤーパッド。そしてエアロフォルム。
公式にも書いてありました。
静かさ=快適」であると。

 
他にも「ピンロックシート」が標準装備だったり。
ブレスガードやチンガードが優秀だったり。
快適なメガネスリットが付いていたり。

いいですね。若干、値段は高めですが。
というわけで第4候補。


 



まとめ

と、数日間4つの候補を吟味しました。

どんなサイトを見ていても、
amazonの広告に、ヘルメットをオススメされるくらいに見ました。

 
その結果、「Z-7」に決定しました!

 
やっぱり、小さいシルエットで軽い方がいい。
形もこれが一番ぴったり。

 
僕の用途・要望をかなえてくれるのは「Z-7」かな、と。
価格.comのランキングが一番なんてのは関係ありません!
自分で調べて、自分で決めました!

 
あくまで見た目重視なのですが、
ちょっとくらい高くても、満足するものを買いたい。

 
バイク選びも、ヘルメット選びも、自分が納得したものにします!
僕の性格上「あ、やっぱあれにしとけばよかった」
と、絶対言うので、今回は後悔しない選択をします。

 
「Z−7」が届いたらインプレしてみたいと思います!

それでは、have a nice 東海バイクライフ!

追記

ついにZ-7を購入しました!

 
バイクがもっと楽しくなる!<<<バイクブロスのパーツ・用品通販>>>




シェアする
Share

4 thoughts on “フルフェイスのヘルメット選び。脱ジェットの僕は、悩んだ挙句にコレを選んだ。

  1. はじめまして、いつも楽しく拝見しています。

    先日免許を取得し、バイク購入を検討しているのですが、バイクもヘルメットも購入候補がほぼ同じで心強くもニヤニヤしながら先輩の足跡を辿っております。

    車種もカラーも(ついでに転職も頭の大きさも笑)同じになりそうなので、もう一人の自分を見るつもりでこれからも楽しみにしています。

    1. 今が一番楽しみな時間ですね! 散々悩んで、納得してバイクを選んでくださいね! その上で、CBR400Rライダーになられたのであれば、嬉しいですね!つたない僕の足跡を参考にしていただけたら嬉しいです!ビバ転職!ビバCBR400R!

      1. 返信ありがとうございます!
        先日レンタルにてCBRに乗り、1発で気に入っちゃいました。来週契約に行く予定です。カラーはもちろん黒!
        ヘルメットは迷った結果、GT-Airを選びました。スマホホルダーもここでポン付けできるものが紹介されていたのでつけようと思います。
        納車後すぐに愛知に出張なので、せっかくだからバイクで行こうかと思っています。台風来ませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です